230以上の新機能

Mono 2.0などを搭載した「openSUSE 11.1」リリース

2008/12/19

 NovellおよびopenSUSEプロジェクトは12月18日、Linuxディストリビューションの最新版「openSUSE 11.1」をリリースした。

 openSUSE 11.1は、Linuxパッケージの開発プラットフォーム「openSUSE Build Service 1.0」を用いて開発された初のバージョンとなる。インストール/設定ツール「YaST」に新たなプリンタモジュールを追加したほか、パーティショニングモジュールやセキュリティモジュールを再設計するなど、230以上の新機能が追加されている。

 Linuxカーネル 2.6.27.7を採用しており、デスクトップ環境としては「GNOME 2.24.1」および「KDE 4.1.3./3.5.10」を搭載する。また「openJDK」やオープンソースの.NET実装「Mono 2.0」などもサポートしている。

 オフィススイートとしてはNovell版の「OpenOffice.org 3.0」を搭載。Microsoft Excelとの互換性強化やパフォーマンス向上が図られているほか、ODF 1.2のサポート、OOXML用インポートフィルタの搭載など、多くの機能が強化された。またユニークなところでは、音楽再生・管理ソフトウェア「Banshee 1.4」が含まれており、Android搭載携帯電話との同期が可能になっている。

opensuse01.jpg

(@IT 高橋睦美)

情報をお寄せください:

Linux & OSS フォーラム 新着記事

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

残念なブランド体験で8割の顧客は「もう買わない」――Sitecore調査
消費者にとって不都合な事象が発生した際にも、ブランドを好きでいられるのは10人に1人。

ナイキとアディダスに学ぶ ファンを増やす企業文化とは?
スポーツにおけるトップブランドの座を巡ってし烈な競争を繰り広げてきたナイキとアディ...

DXにおける「コンサルティング力」とは?
DXが加速する中でコンサルティング人材へのニーズが高まっています。DXにおける「コンサ...