マルチコアシステム向け機能も強化

DTraceもサポート、FreeBSD 7.1が公開

2009/01/05

 FreeBSD Projectは1月5日、FreeBSD 7系の最新安定バージョン「FreeBSD 7.1-RELEASE」を公開した。AMD64、i386、IA64、PC98、PowerPCおよびSparc64の各アーキテクチャ向けISOイメージが入手できる。ブートローダ周りの改善により、USBデバイスからの起動が可能となるなど、多くの新機能を搭載している。

 FreeBSD 7.1では、AMD64/i386版で、デフォルトでULEスケジューラが採用された。これにより、高い負荷の掛かるマルチコアシステムにおけるパフォーマンスの大幅な改善が期待できるという。またマルチコア環境においてCPUリソースのグルーピングや割り当てを行うために、新たにcpuset(2)/cpuset(1)といったシステムコールが追加されている。

 さらに、OpenSolarisに搭載されてきたモニタリング機能「DTrace」のサポートにより、システムのダイナミックな監視やトラブルシューティングが可能になる。NFS Lock Managerクライアントも改善された。

 FreeBSD 7.1-RELEASEは同プロジェクトのサイトからFTPでダウンロードできるほか、BitTorrentなどからも入手可能。セキュリティチームによるサポートは2011年1月31日まで提供される。

関連リンク

(@IT 高橋睦美)

情報をお寄せください:

Linux & OSS フォーラム 新着記事

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

社会人1年目と2年目の意識調査2024 「出世したいと思わない」社会人1年生は44%、2年生は53%
ソニー生命保険が毎年実施している「社会人1年目と2年目の意識調査」の2024年版の結果です。

KARTEに欲しい機能をAIの支援の下で開発 プレイドが「KARTE Craft」の一般提供を開始
サーバレスでKARTEに欲しい機能を、AIの支援の下で開発できる。

ジェンダーレス消費の実態 男性向けメイクアップ需要が伸長
男性の間で美容に関する意識が高まりを見せています。カタリナ マーケティング ジャパン...