x86サーバの値下げも発表

x86サーバとOSSの組み合わせを検証、IBMが専任部隊

2009/01/22

 日本IBMは1月22日、顧客のITコスト削減に向け、「IBM System x」や「IBM BladeCenter」といったx86サーバ上でのオープンソースソフトウェア(OSS)活用を支援する専任部隊「Linux/OSSサポート・センター」を新設したことを発表した。

 Linux/OSSサポート・センターは、IBMのx86サーバ製品に、Linuxをはじめとする主要なOSSを組み合わせたソリューションを検証。商用ソフトウェアの場合と同様、日本IBMのサイトやセミナーなどでその情報を公開し、OSSの活用方法を提案していく。

 IBM System xおよびIBM BladeCenterとOSSを組み合わせた提案を行う部隊は数十名規模といい、Linux/OSSサポート・センターもその中に含まれる。日本IBMではこの取り組みを通じて、ITシステム構築時の選択肢を広げ、商用ソフトウェアとOSSを組み合わせて適材適所で活用することにより、ITシステムの最適化とコスト削減を目指すという。

 なお同時に、x86サーバ本体およびオプション製品の価格改定が行われた。1月15もしくは16日受注分より、IBM System xではタワー型サーバで最大22%、ラック型サーバで最大28%の値下げ。ブレードサーバのIBM BladeCenterでは、「LS42 モデル 3QJ」が旧価格の105万円から71万4000円へと32%の値下げが行われるほか、メモリやHDDなどのオプション製品は最大で84%値下げとなる。

(@IT 高橋睦美)

情報をお寄せください:

Linux & OSS フォーラム 新着記事

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

2021年の炎上発生件数は1766件、前年対比24.8%増――「デジタル・クライシス白書2022」
2021年のデジタル・クライシス(ソーシャルメディアを中心としたネット上で発生した危機...

若者のインスタ離れを食い止めるためにMetaが下した「古参ユーザー切り捨て」の決断
Metaの若者文化への主要な接点であるInstagramは現在、反撃を目指している。メタバースへ...

2022年のEC売り上げ、6割が「伸びる」と予測――フューチャーショップ調査
コロナ禍でも拡大し続けるEC、ポイントは口コミSNSの活用にありそうです。