データ通信で値下げも

初のおサイフケータイ対応PHS端末、ウィルコム

2009/01/22

 ウィルコムは1月22日、同社初のおサイフケータイ対応となる端末2モデルと、データ通信での月額基本料を撤廃し、1カ月のパケット料金が0円から最大2800円となる新ウィルコム定額プランなどを発表した。京セラが開発した「WX340K」「BAUM」(バウム:WX341K)は、ともにFeliCa対応。モバイルSuica、Edy、QUICPayの電子マネーや、ANA、JAL、ビックカメラ、ヨドバシカメラのポイントカードとして利用できる。

will03.jpg 「WX340K」(左)と「BAUM」(右)

 WX340Kは“京ぽん”の愛称で親しまれてきた京セラの上位モデル。おサイフケータイ対応以外のスペックは、2.7インチQVGA液晶、197万画素カメラ、Flash Lite 3.1/Java対応、入力エンジンiWnn、NetFront搭載など。赤・白・黒の3色を用意した。ストレートタイプのBAUM(WX341K)は4つのカラーバリエーション、Flash壁紙など遊び心を訴求するモデル。京セラは安価でポップなデザインの「HONEY BEE」シリーズで若年層の2台目需要を掘り起こした実績があるが、BAUMはそうしたユーザー層が1台目としても十分に使えるモデルとなっているという。

will04.jpg ウィルコム代表取締役社長の喜久政樹氏

 これまでウィルコムでは月額2900円の定額プランとして、ウィルコム端末同士の音声通話の24時間通話やメール送受信サービスを提供してきた。今回、新たに「新ウィルコム定額プラン」として、これにデータ通信サービスを追加。端末をPCに接続して通信した場合、これまで必ず発生していた月額料1050円を撤廃し、最大でも月額2800円に収まるプランとして提供する。また、他キャリアや固定電話への音声通話でも新たに「新通話パック」の提供を開始。月額1050円で2100円分の通話が(携帯宛てで最大80分、固定宛てで最大1000分)可能となる。

 端末・サービスのために開かれた記者会見で、ウィルコム代表取締役社長の喜久政樹氏は、次世代PHS通信「WILLCOM CORE」についてもコメント。2009年4月下旬に東京・山手線内一部エリアで開始するサービスや9月の一般サービス開始の計画はスケジュール通り順調に推移していると話した。また、PHS網を利用してインターネット接続できる小型の無線LANアクセスポイント「どこでもWi-Fi」(バッファロー製)を2009年2月19日に発売すると併せて発表した。

core.jpg 次世代PHS(XGP)の基地局と、通信カードの試作品展示。すでに実験では稼働しているという

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:

HTML5 + UX フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

外注費の実態 「動画制作」「マーケティング」が大きく増加の傾向――ランサーズ調査
フリーランスや専門会社への「外注」について、どのような業務の外注費が増加傾向にある...

SEO対策において「古い記事」をどうすべきか? 3つの対処法を解説
SEOの観点では、古い記事は削除した方がいいのか、残しておいても大丈夫か。どのような対...

「広告のムダ打ち」はなぜなくならない? アドフラウド以外に考慮すべき3つの視点
「アドフラウド」以外に、広告が届けたい相手にきちんと届くようにするために留意すべき...