ODF形式の電子文書も増加

4台に1台はOpenOffice.org――会津若松市が最新の導入状況を公開

2009/01/27

 会津若松市は1月16日、オープンソースのオフィススイート「OpenOffice.org」の導入状況に関するアップデート情報を公開した。

 同市は2008年より、全庁でMicrosoft Officeに代えてOpenOffice.orgを導入する方針を打ち出し、移行作業を進めてきた。2008年10月以降、240台のPCを更新したが、それらではオフィスソフトとしてOpenOffice.orgのみを導入。この結果、移行対象となっている840台のPCうち25%以上がOpenOffice.orgのみを搭載する状況になった。

 ただし、対外的なやり取りなど、業務上の都合により必要という要望が出されたところではMicrosoft Officeが残っている。基本的には既存PCとの交換などによって調整し、新規ライセンス購入は抑えたというが、業務システム連携などのため、25台分はMicrosoft Office 2003へダウングレードする形でライセンスを購入した。

 この結果コスト削減効果は、比較対象をMicrosoft Officeプレインストール版だとすると215台分で約300万円、ライセンス購入で比較すると約850万円に上るという。

 会津若松市では並行して、ODFを庁内電子文書の標準形式とする取り組みも進めている。決済を伴う公文書や回覧文書が保存される「文書管理システム」で見ると、2008年4月時点では、電子文書の83.8%がMicrosoft Office形式、7.9%がPDF形式で、ODFは5.5%に過ぎなかった。しかし2008年12月にはMicrosoft Office形式が46.4%と半数以下となり、逆にODFが37%に増加している。

 一方ファイルサーバ上の文書では、59.93%がMicrosoft Office形式で、ODF形式はわずか1.47%、その他が34.91%を占めている。しかし、2008年12月に作成・更新されたファイルに限ると、Microsoft Office形式は40.74%にとどまるのに対し、ODF形式は25.36%にまで増加している。

aizu01.jpg 会津若松市の文書管理システムにおける添付文書の種類の推移(会津若松市の資料より)

(@IT 高橋睦美)

情報をお寄せください:

Linux & OSS フォーラム 新着記事

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年10月)
今週は、「A/Bテスト」ツールの売れ筋TOP10を紹介します。

コンテンツSEOでやらかしてしまいがちな3つの勘違い
ITmedia マーケティングで2021年3月に連載して多くの反響をいただいた「勘違いだらけのEC...

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...