カスタマイズされたアプリケーションの追加が容易に

OpenSocialやOpenID対応の「OpenPNE 3.0」リリース

2009/01/27

 手嶋屋は1月27日、オープンソースのSNSエンジンの最新バージョン「OpenPNE 3.0」をリリースした。Apache 2.0 Licenseの下配布されている。

 OpenPNEは、プロフィールや日記、コミュニティといった機能を提供するSNSソフトウェア。これまでに企業やサークルなど約3万の組織への導入実績がある。

 新バージョンは、OpenPNEを「プラットフォーム化」し、目的に合わせて柔軟にアプリケーションの追加を行えるようアーキテクチャを変更した。あらゆるSNSで必要となるメンバー情報管理や認証といった機能を提供する「Social Application Layer」と、目的やユーザーに応じて個別に追加可能な「Social Graph Layer」の2つに分離し、それらをつなぐ複数のAPIを採用した。

 その1つが、Googleが開発し公開しているソーシャルアプリケーション開発用API「OpenSocial API」だ。これにより、外部のサービスをOpenPNEに取り込むことができる。また「OpenPNE Plugin API」では、各組織のニーズに合わせたソーシャルアプリケーションを開発し、必要に応じて取り外しできるようになる。3つ目の「OpenPNE Web API」は、外部からOpenPNEの操作を可能にするもので、例えばiPhoneのカメラからOpenPNEにアルバムを投稿するアプリケーションなどが作成できるようになる。

 ほかに、OpenID対応による外部サービスとのID連携や国際化対応、複数の認証方式への対応やAjaxの採用など、多くの機能強化が施されている。

関連リンク

(@IT 高橋睦美)

情報をお寄せください:

HTML5 + UX フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

LINEで求職者に合った採用情報を配信 No Companyが「チャットボット for 採用マーケティング」を提供開始
就活生が身近に利用しているLINEを通して手軽に自社の採用情報を受け取れる環境を作れる。

GoogleがIABのプライバシーサンドボックス批判に猛反論 完全論破へ42ページのレポートを公開
Googleは、米インタラクティブ広告協会から寄せられた批判について「多くの誤解と不正確...

広報担当者の悩みあるある「取材を受けたのに思ったような記事にならないのは何故?」
自社や自社の製品・サービスについて広く知ってもらうためにメディアの取材を増やすこと...