Linus氏ら開発リーダーも参加

Kernel SummitとJapan Linux Symposiumのコンボ、秋葉原で開催

2009/02/03

 The Linux Foundationは10月21日から23日にかけて、Linuxをテーマとした公開技術シンポジウム「Japan Linux Symposium」を東京にて開催することを発表した。その直前の10月18日から20日にかけては、Linuxの次の開発について議論する「第9回 Kernel Summit」が行われる予定だ。ほぼ1週間にわたって、Linuxの開発者Linus Torvalds氏やAndrew Morton氏といったコミュニティのリーダーを招いて、Linuxをテーマとした技術イベントが東京・秋葉原で開催されることになる。

 The Linux Foundationは、Linuxの成長、促進を目的に、その普及促進や保護、標準化に取り組んでいる非営利のコンソーシアムだ。2006年より、日本の技術者がLinuxの最新技術動向を入手し、開発コミュニティのリーダーと情報交換する機会を提供するため、「Japan Symposium」を開催してきた。Japan Linux Symposiumはその拡大版という位置付けで、Linuxカーネルにはじまり、アプリケーション開発、クラウドコンピューティング、組み込みシステムへの適用、仮想化など、広い範囲の技術を対象とする。

 同ファウンデーションでは2月2日より、Japan Linux Symposiumにおける発表者募集を開始した。審査結果は5月15日に発表される予定だ。

(@IT 高橋睦美)

情報をお寄せください:

Linux & OSS フォーラム 新着記事

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

ECサイトのライブコマース連携を簡単に 「MakeShopエンタープライズプラン」が「ライコマ」と連携
「MakeShopエンタープライズプラン」を利用するEC事業者は、初期開発費用不要で「ライコ...

金融デジタルサービス利用実態、世代間で異なる重視ポイント――アドビ調査
金融デジタルサービスの利用においては利便性を重視するデジタルネイティブに対し、50代...

戦略の実行 愚直に施策を積み上げ、高速PDCAを回し続ける
強いリーダーシップの下で課題をしっかりと把握し、戦略を策定したら、いよいよその実行...