DWH市場開発で先手

Oracle Exadata、国内初出荷先はNTTデータ

2009/02/12

 NTTデータ、NTTデータ先端技術は2月12日、日本オラクルが1月20日に発表したデータウェアハウス(DWH)アプライアンス製品群「Oracle Exadata」を導入し、同社の「データウェアハウス/ビジネスインテリジェンス・ラボ」内にて中立的に検証・評価していくと発表した。同製品の国内初期出荷の1つとして、日本オラクルを含む3社共同で性能検証を進める。

 3社はラボでの機能・性能検証が終了後、同製品を用いたBI(ビジネス・インテリジェンス)システムのデモンストレーション環境を構築し、ユーザー企業向けに実データを基にした検証環境を提供する。このほか、システム構成の検討支援や、ビジネスロジックのモデル分析などのサービスも提供していく予定だ。

 NTTデータグループでは同製品をベースとしたシステム構築を1年以内に5件程度実施するとし、今後、DWH市場において100億円程度の売り上げを目指すとしている。

ntt_oracle01.jpg 日本オラクルの「Oracle Exadata」

関連リンク

(@IT 原田美穂)

情報をお寄せください:

Database Expert フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

Threadsで目立つ投稿をするには? Metaがフィードアルゴリズムの仕組みに関する洞察を公開
X(旧Twitter)に変わるものとして期待されるMetaの短文投稿SNS「Threads」。Metaが公開...

マーケターの87%は自分の仕事が生成AIなどのテクノロジーに取って代わられることを懸念――Gartner調査
Gartnerがマーケティング人材に関する調査を実施。環境的不確実性と技術的複雑性の中で、...

Z世代が旅に求める「令和的非日常」とは?
JTBコミュニケーションデザインと伊藤忠ファッションシステムが、Z世代の旅に関する意識...