アプリックスがNTTドコモ協力して提供へ

iアプリをiPhoneやAndroid向けに自動変換する技術

2009/02/16

 アプリックスは2月16日、iモード用のiアプリを、Windows Mobile、S60、Android、iPhone、ポータブルゲーム機などのオープンプラットフォーム向けに簡単に提供できるようにする自動変換技術を、NTTドコモと協力して開発したと発表した。ゲームなどのiアプリを、そのまま自動的に各オープンプラットフォーム向けアプリケーションに変換できるという。

 自動変換されたアプリケーションは、各プラットフォーム向けに専用に開発されたアプリケーションと比べても遜色がないよう、タッチパネルを指でなぞったり画面の向きを縦横に変えるといった独自の動作にも自動的に対応するという。

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:

Java Agile フォーラム 新着記事

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

2022年に向けてサプライパス最適化(SPO)への投資が増加――IAS調査
広告支出の多くがプログラマティックバイイングに向かう中、SPO戦略への関心が高まってい...

なぜ日本企業だけがデータを中心としたコミュニケーションへの変化に否定的なのか
パンデミックがコミュニケーションに与えた影響について、ビジネスリーダーの評価が日本...

マクドナルドが有名ゲーム配信集団とタッグを組む理由
米McDonald'sとFaZe Clanがライブストリーミングイベント「Friendsgaming」を実施。有名...