アプリックスがNTTドコモ協力して提供へ

iアプリをiPhoneやAndroid向けに自動変換する技術

2009/02/16

 アプリックスは2月16日、iモード用のiアプリを、Windows Mobile、S60、Android、iPhone、ポータブルゲーム機などのオープンプラットフォーム向けに簡単に提供できるようにする自動変換技術を、NTTドコモと協力して開発したと発表した。ゲームなどのiアプリを、そのまま自動的に各オープンプラットフォーム向けアプリケーションに変換できるという。

 自動変換されたアプリケーションは、各プラットフォーム向けに専用に開発されたアプリケーションと比べても遜色がないよう、タッチパネルを指でなぞったり画面の向きを縦横に変えるといった独自の動作にも自動的に対応するという。

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:

Java Agile フォーラム 新着記事

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

FamilyMartVision × LIVE BOARDのクロスメディアパッケージ 首都圏で販売開始
店舗内と屋外のデジタルサイネージの連携で、来店率と購買率共に向上させることが期待で...

「dポイント」を活用したデジタル販促ソリューション、D2Cが提供開始
約8900万人(2022年3月時点)が利用する「dポイント」を期間や用途を限定する形でインセ...

「ペプシチャレンジ」で煽られて焦ったコカ・コーラの“痛恨のやらかし”とは?
長年の間「コーラ戦争」を続けてきたCoca-ColaとPepsi。マーケティング施策でも切磋琢磨...