ARM EABIアーキテクチャもサポート

ネットブック対応の「Debian GNU/Linux 5.0」リリース

2009/02/16

 Debian Projectは2月14日、「Debian GNU/Linux 5.0」をリリースした。「Lenny」のコードネームで開発されてきたもので、前バージョンから22カ月ぶりのメジャーバージョンアップとなる。

 Debianは、サポートするアーキテクチャやパッケージの幅広さを特徴とするLinuxディストリビューションだ。UbuntuやKNOPPIXといったディストリビューションのベースともなっている。

 5.0の特徴の1つはハードウェアサポートの拡大で、Intel IA-32(i386)やIA-64(ia64)、Sun SPARC(sparc)、PowerPC(powerpc)など12種類のアーキテクチャをサポートする。従来のARM移植版に加え、ARMプロセッサの使用効率が高いARM EABI移植版(armel)が新たに含まれている。ASUS Eee PCも含めた複数のネットブックにも対応した。

 またストレージに関しては、Marvell Orionチップがサポートされ、これを搭載したNASサーバの「QNAP Turbo Station」シリーズや「HP Media Vault mv2120」「Buffalo Kurobox Pro(玄箱PRO)」などに対応した。

 インストール面でも、i386版などでMicrosoft Windowsからのインストールが可能になったほか、デバイスに必要となるファームウェアをリムーバブルメディアからロードできるようになるなど、いくつかの改良が施されている。

 Debian GNU/Linux 5.0はカーネル2.6.26をベースとしており、KDE 3.5.10、GNOME 2.22.2、X.Org 7.3、OpenOffice.org 2.4.1、GIMP 2.4.7、Iceweasel 3.0.6、Icedove 2.0.0.19などを搭載。ほかに、PostgreSQLやMySQL、Apache、Samba、さらにXenやOpenJDKなど、2万3000種類を超えるソフトウェアが収録されている。同プロジェクトのWebサイトのほか、BitTorrent、ダウンロードツールの「jigdo」などを介して入手可能だ。

 なお、Debian GNU/Linux 5.0のリリースにより、従来の安定版、Debian GNU/Linux 4.0 (Etch)のサポート期間は残り1年ほどとなる。これを踏まえて同プロジェクトでは、Etch利用者に向け、移行計画を立て、速やかな移行を進めている。

(@IT 高橋睦美)

情報をお寄せください:

Linux & OSS フォーラム 新着記事

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...