マイクロソフト、企業向けに先行優待キャンペーン

いま「Windows Vista+SA」ならWindows 7へ無償アップグレード

2009/02/19

 マイクロソフトは2月19日、次期OS「Windows 7」の企業向け最上位エディション「Windows 7 Enterprise」への法人ユーザーの移行を支援する「Windows 7 先行優待キャンペーン」を実施することを発表した。「Windows Vista Business」およびソフトウェア・アシュアランス(SA)を購入した顧客向けに、Windows 7 Enterpriseへアップグレードするためのインストールディスクを、優遇条件で提供する。

 キャンペーンの対象となるのは、Windows Vista Business SAもしくはWindows Vista Business Upgrade License & Software Assurance(U&SA)を購入した、3台以上のPCを保有する法人だ。期間は2月20日から6月30日まで。

windows701.jpg Windows 7の各エディションの位置付け

 ソフトウェア・アシュアランスは、次期バージョンへのアップグレード権やサポートなどの特典を提供する、ボリュームライセンスのオプションプログラムだ。通常は、製品購入後90日以内に購入する必要があるが、今回のキャンペーンでは、その期間が過ぎた後でもSAを優待価格で購入できるようにし、Windows 7への移行パスが見えるようにした。

 例えば、2008年8月1日以降にWindows Vista搭載PCを購入した場合は、キャンペーン期間中、SAを優待価格で購入できる(参考価格は1万2000円)。またそれ以前にPCを購入した顧客でも、U&SAを20%割引で購入できる(同2万8500円)。さらにいずれのケースでも、Windows 7 Enterpriseの社内展開用ディスクキットが無償で提供されるという。

 またマイクロソフトはキャンペーンの一環として、Windows XPからVistaや7への移行を検討している顧客向けに、アプリケーション互換性の検証を行える「Windows Vista/7 互換性検証ラボ」を提供する。このラボでは、専用の検証ルームを使って、Windows 7 ベータ版上での動作検証および結果の分析などを行える。利用は無料だが、申し込みが多数の場合は抽選となる。

 マイクロソフト ビジネスWindows本部 本部長の中川哲氏は同時に、OSとアプリケーションの結び付きがタイトになると、OS移行のたびに悩むことになると述べた。これを機に、現在同社が開発を進めている「Microsoft Application Virtualization」など「Microsoft Desktop Optimization Pack」(MDOP)の技術を用いたアプリケーションの仮想化も検討してほしいと述べた。

Windows Vistaは「買い」なのか?

windows702.jpg マイクロソフト ビジネスWindows本部 本部長の中川哲氏

 このキャンペーンの目的は、「Windows Vistaは果たして『買い』なのか」「次(=Windows 7)があるんじゃないのか」と心配している企業顧客に、きちんとした解を提供することだと中川氏は述べた。「先が見えなくて心配だという人にアップグレードという選択肢を用意する」(中川氏)。

 Windows Vistaの企業での導入の遅れが指摘される一方で、β版が公開されたWindows 7への期待は高まっている。だが中川氏は、「いま投資するのであればVistaをお勧めする」とコメント。特に、年度末から春にかけてのIT投資のタイミングに合わせて検討してほしいという意向を示した。

 中川氏は、昨今の厳しい経済状況の下では、これまでのように無尽蔵に投資することは考えられないと述べ、システムの管理にかけている不必要なコストを削減する必要があるとした。この点Windows Vistaは、セキュリティ対策やユーザーサポート、管理などに要するTCOを削減することができ、ある調査によると、PC 1台当たり約6万円の削減効果が得られるという。

関連リンク

(@IT 高橋睦美)

情報をお寄せください:

Windows Server Insider フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

DIORが本気で挑むラグジュアリー体験としてのAR
広告プラットフォームのTeadsがAR(拡張現実)とAI(人工知能)技術を応用したサービスを...

AIに対して良い印象を持っている人は70%以上 理由は?
楽天インサイトが「AIに関する調査」結果を発表。AI(人工知能)のイメージや生活への関...

狙うは「銀髪経済」 中国でアクティブシニア事業を展開する企業とマイクロアドが合弁会社を設立
マイクロアドは中国の上海東犁と合弁会社を設立。中国ビジネスの拡大を狙う日本企業のプ...