LPIC-3の第3弾

Linux技術者認定試験に高度なセキュリティ専門試験が追加

2009/02/23

 Linux技術者認定試験などを行っているNPO法人、LPI-Japanは2月23日、LPICの最上位レベルの資格となる「LPICレベル3試験」の専門試験「LPIC-3 Specialty LPI-303 Security」を発表した。2月28日に配信開始する。

 LPICレベル3の試験は、エンタープライズレベルでの仕事ができる技術者を認定する試験。IT業界のニーズに応える形で、LPICレベル3「Security」の試験を新たに開始する。今回加わる試験で、特に日本のマーケットのニーズに応えて開発したという。試験内容には、日本OSS推進フォーラムのセキュリティTFの協力により、セキュリティの最新技術を盛り込んでいる。

 LPIではすでに、LPICレベル3試験の301試験、302試験を2007年に開始している。レベル3の受験者数は、前年度比500%以上の高い伸びを達成しているという。

 LPIC-3 Specialty LPI-303 Securityの出題範囲は以下の通り。

  • 暗号化の技術(OpenSSL、GPG、ファイルシステムの暗号化など)
  • アクセスコントロール(SELinuxなど)
  • アプリケーションセキュリティ(Apache、Mail service、OpenSSH、MySQL、Syslog、FTPなど)
  • システムセキュリティ
  • 運用面の強化
  • ネットワークセキュリティ

 LPI-Japanでは、2009年1月に総受験者数で延べ11万人を達成していて、受験者数の実績は毎月2000人規模で推移しているという。

関連リンク

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:

Linux & OSS フォーラム 新着記事

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2021年10月)
今週はパーソナライゼーション製品の売れ筋TOP10を紹介します。

イー・エージェンシーのCDP「D-Lenz」はSaaSとスクラッチ開発の良いとこ取り
顧客データや問い合わせデータのさまざまなマーケティングデータを統合し、顧客の分析や...

なぜサブスクリプションは失敗するのか?(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...