ベータ版登場から約1年

IE8正式版は3月20日にダウンロード開始

2009/03/19

 米マイクロソフトは3月18日、Internet Explorer 8を米国時間の3月19日(日本時間の3月20日)にリリースすると発表した。日本語を含む25言語向けのバージョンが公式ページからダウンロードできるようになる。セキュリティ機能を高めたほか、HTMLのレンダリング速度、JavaScriptの実行速度も高速化した。

 前バージョンのIE7に比べて、右クリックでさまざまな検索や共有機能にアクセスできる「アクセラレータ」や、Webサイトの一部をブックマークのように切り出してWebブラウザ上で簡単に確認できる「Webスライス」、検索ボックスで画像などの情報を表示する「ビジュアル検索候補」などの機能が加わっている。こうした機能はすでにeBay、Amazon、Wikipediaを始め、国内でも価格.comやYahoo!辞書など多くのコンテンツプロバイダが対応している

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:

HTML5 + UX フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

マーケティング担当者を消耗させる「商品情報」の取り扱い どうすれば解決できる?
デジタルマーケティングに携わる人にとって頭痛の種になりがちなのが、商品情報に関する...

日本のデジタル広告はビューアビリティーが低くフラウド率が高い――IAS調査
日本におけるモバイルWeb環境のアドフラウド率はディスプレイで2.3%、動画で2.9%に達し...

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2021年10月)
今週はパーソナライゼーション製品の売れ筋TOP10を紹介します。