ベータ版登場から約1年

IE8正式版は3月20日にダウンロード開始

2009/03/19

 米マイクロソフトは3月18日、Internet Explorer 8を米国時間の3月19日(日本時間の3月20日)にリリースすると発表した。日本語を含む25言語向けのバージョンが公式ページからダウンロードできるようになる。セキュリティ機能を高めたほか、HTMLのレンダリング速度、JavaScriptの実行速度も高速化した。

 前バージョンのIE7に比べて、右クリックでさまざまな検索や共有機能にアクセスできる「アクセラレータ」や、Webサイトの一部をブックマークのように切り出してWebブラウザ上で簡単に確認できる「Webスライス」、検索ボックスで画像などの情報を表示する「ビジュアル検索候補」などの機能が加わっている。こうした機能はすでにeBay、Amazon、Wikipediaを始め、国内でも価格.comやYahoo!辞書など多くのコンテンツプロバイダが対応している

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:

HTML5 + UX フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

広告の「No.1」表記の実態 購入動機の約60%に影響
GMOリサーチ&AIは広告の「No.1」表記に対する消費者の捉え方を把握するために調査を実施...

香り体験をデジタル化する「香りリテールメディア」 東芝テックとスコープが提供開始
店頭に香りリテールメディア用のタブレットと香料噴射器が付いた商品棚を設置して、消費...

電通と電通デジタル、電通プロモーションプラス3社横断のCX専門チームが発足
dentsu Japanの3社は、分散しがちだったCXの施策、ノウハウ、データをつなげるストック型...