利用者の42%が35〜49歳で職場から

Twitter訪問者数、1年で1382%の伸び

2009/03/23

 調査会社の米ニールセン・オンラインは3月18日、メンバー制コミュニティサイトで成長率の高いサービスのランキングを公表した。1位はTwitterで、2008年2月のユニークビジター数が47万5000人だったのに対して2009年2月には703万人へ1382%増加。伸び率で2位以下を大きく引き離した。

twitter01.png 米国でユニークビジター数の伸びが高いメンバー制サイト 出典:ニールセン・オンライン

 ニールセン・オンラインのミシェル・マックギボニー氏はTwitterを「単に友だちとリアルタイムでつながっているためのプラットフォームというだけでなく、ブランドマーケティングの重要な一部分に進化した」としている。Twitterの主要な利用者は35〜49歳の層で、毎月300万人近くが利用。全ユーザーの42%を占めている。ほとんどの利用者は職場からもアクセスしているという。

 ユニークビジター数の伸び率でTwitterに次ぐ2位は、ユーザーが記事を作成できるオンラインマガジン「Zimbio」。2008年2月に80万9000人だったユニークビジター数は2009年2月に275万人に240%増えている。3位のFacebookは同2004万人から6570万人に増えている。

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:

HTML5 + UX フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

メディア総接触時間、「携帯電話/スマートフォン」が「テレビ」を上回り首位に
博報堂DYメディアパートナーズによる、生活者のメディア接触の現状を捉える年次調査の結...

「運用型クリエイティブ」とは何か?
マーケティング施策としてのクリエイティブ改善に取り組むべき理由とは何か。クリエイテ...

「コロナ禍が収束しても現在の生活を維持したい」 前年比5.2ポイント増加し61.5%に――博報堂調査
コロナ禍も約2年が経過し、マスク生活やテレワークなど新しい暮らしや仕事のスタイルがす...