SIP対応PBXと接続

Skypeが構内IP電話と接続するサービスを開始

2009/03/24

 ルクセンブルグに本社を置くスカイプは3月23日、法人ユーザー向けに「Skype For SIP」のベータ版提供を開始したと発表した。SIPはVoIPで使われる標準的なプロトコルで、企業などの組織内で使われるIP電話でも使われている。

 Skype For SIPを利用することで、SIP対応のPBXを導入している企業などは、Skypeユーザーからの発信を直接電話で受けることができる。これにより、Skypeが提供する固定電話や携帯電話への安価な通話が利用できるという。企業のWebサイトに設置したアイコンなどから、来訪者にSkype経由で企業のPBXに接続してもらい、これを企業内の電話に直接接続するなどといった利用もできるという。この形態ではPBXまではSkypeのP2Pネットワークを利用するため、Skypeユーザー側は無料で通話ができる。また逆に、構内IP電話からSkypeのネットワークを利用した安価な通話も利用できるようになるという。

 ベータ版の提供は即日開始しており、価格は現在Skypeで提供している通話料金で利用できる。PBXへインバウンドの電話を受け付けるためのSkypeのオンライン番号の購入など、詳細な価格は、2009年後半の正式版サービス開始時にアナウンスする。

 現在Skypeの利用者は全世界で約4億人。

関連リンク

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:

Master of IP Network フォーラム 新着記事

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年10月)
今週は、「A/Bテスト」ツールの売れ筋TOP10を紹介します。

コンテンツSEOでやらかしてしまいがちな3つの勘違い
ITmedia マーケティングで2021年3月に連載して多くの反響をいただいた「勘違いだらけのEC...

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...