RAS機能強化でミッションクリティカル環境を狙う

Mono搭載で.NETアプリ実行も、「SUSE Linux Enterprise 11」

2009/03/27

 ノベルは3月27日、Linuxディストリビューションの最新版「SUSE Linux Enterprise 11」をリリースした。ミッションクリティカルなシステム向けに信頼性、可用性、保守性(RAS)関連の機能を強化したほか、マイクロソフトとの協業を踏まえたWindowsとの相互接続性強化などが図られている。

 SUSE Linux Enterprise 11は、独自の管理ツール「YaST」を特徴の1つとする企業向けのLinux製品。カーネル2.6.27をベースに、GCC 4.3.2やglibc 2.9のほか、Perl、PHP、Python、Rubyといった主要な開発環境、ApacheやMySQLといったサーバアプリケーションを同梱する。サーバ版とデスクトップ版に加え、目的別に機能を拡張できるオプションが用意されている。

 バージョン11では、これまでパフォーマンスが低いといわれてきたパッケージ管理サブシステムを刷新。100倍以上の高速化を図り、パッケージ依存関係の解決や検索、アップデートといった作業を素早く、的確に行えるようにした。これまで数十分から数時間かかっていたアップデートが数分で終了するようになったという。

 また仮想化関連では、Xen、VMwareに加え、マイクロソフトのハイパーバイザ、Hyper-Vの3種類をサポートする。特にXenは3.3をサポートすることによって、電源管理機能が強化されたほか、Intel、AMDという異なるアーキテクチャ間でのライブマイグレーションが可能になる。

 ほかに、NFS経由のスワップを可能にする「Swap over NFS」によって、SANを構築せずともディスクレスサーバを実現できるようにした。故障しやすいハードディスクに依存しないディスクレスシステムを、低コストで構築できる点がメリットという。

suse01.jpg ノベル パートナー&アライアンス営業統括 統括部長の斉藤雅美氏

 ノベルに関しては、マイクロソフトとの協業が話題を呼んだが、その成果も盛り込まれている。ノベルのパートナー&アライアンス営業統括 統括部長の斉藤雅美氏は、「SUSEはマイクロソフトと本格的な協業をしている唯一のLinux OS。相互にサポートして人、モノ、カネを出し合っており、ほかのディストリビューションとは一線を画している」と述べている。

 例えばSUSE Linux Enterprise Desktop 11は、Microsoft SilverlightやWindows Mediaコンテンツの再生が可能な「Moonlight」を搭載する。また、拡張オプションの「SUSE Linux Enterprise Mono Extension」は、大幅に書き換えることなくMicrosoft .NETアプリケーションをLinux上で実行できる「Mono」を搭載。ApacheとMonoの組み合わせにより、ASP.NET 2.0対応アプリケーションを実行できるようにした。

 斉藤氏は、商用Linux市場におけるシェアでは、1位のRed Hat Enterprise Linuxとの間が大きく開いているが、伸び率ではSUSEがトップであると指摘。また、ISVによるサポート数はRed Hatを上回っていると述べ、検証環境の提供やポーティングの参考となる情報の提供といった従来からのISVサポート施策に引き続き取り組むとした。

 1年間のサブスクリプション価格は、SUSE Linux Enterprise Server 11が4万1880円、SUSE Linux Enterprise Desktop 11が6000円。SUSE Linux Enterprise Mono Extensionは2万4000円、オープンソースのミラーリングソフトウェア「DRBD」などを用いて高可用性クラスタリングを構築できる「SUSE Linux Enterprise High Availability Extension」は8万3880円。

関連リンク

(@IT 高橋睦美)

情報をお寄せください:

Linux & OSS フォーラム 新着記事

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...