ミクシィが「mixiアプリ オープンβ版」を公開

法人だけでなく個人もmixiアプリの開発が可能に

2009/04/08

 ミクシィは4月8日、「mixiアプリ オープンβ版」を公開した。同社のパートナー企業だけでなく、個人の開発者にもAPIや開発環境が提供され、mixiアプリの開発が可能になる。

 mixiアプリは、同社が提供するソーシャルネットワーク「mixi」上で、SNSならではの情報を利用してソーシャルアプリケーションを開発、提供できる一連の仕組みで、SNSプラットフォームのオープン規格、OpenSocialに準拠している。ソーシャルグラフやプロフィール情報を提供する「Person & Friends API」、コミュニティ情報を提供する「Community API」、マイミクシィ更新情報を提供する「Activities API」、データ永続化を行う「Persistence API」、外部Webサービス連携を可能にする「gadgets. io API」という5つのAPIが公開される。今後、フォトアルバム関連情報のAPIも公開する予定という。

 同社はまた、mixiアプリを開発、提供する法人および個人を資金面でサポートする「mixiファンド」も設立した。mixiアプリを開発するソーシャルアプリケーション プロバイダーを対象に、出資や融資、mixiアプリの買い取りといった形で資金面での支援を行うという。

(@IT 高橋睦美)

情報をお寄せください:

HTML5 + UX フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

「運用型クリエイティブ」とは何か?
マーケティング施策としてのクリエイティブ改善に取り組むべき理由とは何か。クリエイテ...

「コロナ禍が収束しても現在の生活を維持したい」 前年比5.2ポイント増加し61.5%に――博報堂調査
コロナ禍も約2年が経過し、マスク生活やテレワークなど新しい暮らしや仕事のスタイルがす...

Netflixはこれからどう稼ぐつもり?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...