ARM、x86に続いてハードウェアサポートに広がり

AndroidがMIPSにも移植

2009/04/24

 組み込みLinuxソリューションを提供する米Embedded Alleyは4月23日、AndroidプラットフォームをMIPSアーキテクチャへ移植したと発表した。5月から提供を開始する。

 RMIのArchemyプロセッサファミリーなど、コミュニケーション用途、メディア用途の組み込みプロセッサとして使われるMIPSをサポートする。Androidに特化したLinuxカーネル2.6.28のパッチや、Dalvik VM、デバイスドライバやSDKの移植などを行ったという。

 同社によれば、今回の発表は単純なAndroidの移植ではなく、パーソナルメディア、MID、デジタルビデオ、ホームエンターテイメント、車載デジタル機器、医療機器などで利用できるアプリケーションも含むという。

 Androidはもともとモバイル端末向けとしてARMアーキテクチャに対応して製品が登場したが、現在ではx86アーキテクチャに対応するなどネットブックやデジタル家電などの組み込み分野での利用も期待されている。

関連リンク

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:

Java Agile フォーラム 新着記事

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

外注費の実態 「動画制作」「マーケティング」が大きく増加の傾向――ランサーズ調査
フリーランスや専門会社への「外注」について、どのような業務の外注費が増加傾向にある...

SEO対策において「古い記事」をどうすべきか? 3つの対処法を解説
SEOの観点では、古い記事は削除した方がいいのか、残しておいても大丈夫か。どのような対...

「広告のムダ打ち」はなぜなくならない? アドフラウド以外に考慮すべき3つの視点
「アドフラウド」以外に、広告が届けたい相手にきちんと届くようにするために留意すべき...