ギャランティ型とベストエフォート型の“いいとこどり”

1割の帯域確保でコスト効率のよいアクセス、NTT Com

2009/05/25

 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は5月25日、重要な基幹アプリケーション用の帯域を確保しながら、Webやメールなどの急激なトラフィック増に対応することも可能な「バーストイーサアクセス」を、企業向けネットワークサービスに追加することを発表した。7月1日に提供を開始する。

 帯域の需要は増しており、必要なときに確実にデータを送受信したいというニーズがある。一方で、一時的なトラフィック増加に備えて回線を増強しても、普段からそれをフルに使い切るケースは少なく、せっかく回線に投資しても、十分に使われていないという問題があった。

nttcom01.jpg NTTコミュニケーションズ ブロードバンドIP事業部 担当部長 高部文宏氏

 バーストイーサアクセスは、こうした課題を受けて提供されるサービス。10Mbps、あるいは100Mbpsという回線のうち1割の帯域を確保し、ToS/CoS(Class of Service)設定により、受発注システムなど、重要な業務アプリケーションへのアクセスを担保する。また、大容量ファイルのダウンロードのように、急激で一時的なデータ量の増大(バースト)が発生した際には、回線の物理インターフェイス速度いっぱいまで利用することができる。ただしこのトラフィックは、帯域確保部分とは異なり、リアルタイムの到達までは保証されない。

 同社ブロードバンドIP事業部 担当部長 高部文宏氏は「バーストイーサアクセスは、ギャランティ型とベストエフォート型の“いいとこどり”で、間を埋めるサービス」と表現している。単純に回線を増速する場合に比べ、コスト効率よく高速な通信を実現できることから、本社-支店間の帯域増強やクラウド/SaaSアプリケーションへのアクセス高速化といったニーズに向け、提供していく。

 バーストイーサアクセスには、1Mbpsを確保し10Mbpsまでバースト可能な「バースト10」と、10Mbpsを確保し100Mbpsまでバースト可能な「バースト100」の2種類があり、企業向けサービス「e-VLAN」「Arcstar IP-VPN」および「ビジネスOCN」のアクセス回線メニューの1つとして提供される。料金は月額8万4000円(e-VLANでバースト10を利用した場合)から。

(@IT 高橋睦美)

情報をお寄せください:

Master of IP Network フォーラム 新着記事

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

HubSpotに聞く 顧客と自社の成長になぜ「文化」が重要か
企業文化は「第2の製品」。自らが求める価値と行動指針を「カルチャーコード」として定義...

「6G」の特許出願レースは中国がリード、日本は追い付けるか?
2020年台後半には実用化が始まるといわれる6Gの技術。日本は世界で存在感を示せるでしょ...

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2021年9月)
今週はパーソナライゼーション製品の売れ筋TOP10を紹介します。