ギャランティ型とベストエフォート型の“いいとこどり”

1割の帯域確保でコスト効率のよいアクセス、NTT Com

2009/05/25

 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は5月25日、重要な基幹アプリケーション用の帯域を確保しながら、Webやメールなどの急激なトラフィック増に対応することも可能な「バーストイーサアクセス」を、企業向けネットワークサービスに追加することを発表した。7月1日に提供を開始する。

 帯域の需要は増しており、必要なときに確実にデータを送受信したいというニーズがある。一方で、一時的なトラフィック増加に備えて回線を増強しても、普段からそれをフルに使い切るケースは少なく、せっかく回線に投資しても、十分に使われていないという問題があった。

nttcom01.jpg NTTコミュニケーションズ ブロードバンドIP事業部 担当部長 高部文宏氏

 バーストイーサアクセスは、こうした課題を受けて提供されるサービス。10Mbps、あるいは100Mbpsという回線のうち1割の帯域を確保し、ToS/CoS(Class of Service)設定により、受発注システムなど、重要な業務アプリケーションへのアクセスを担保する。また、大容量ファイルのダウンロードのように、急激で一時的なデータ量の増大(バースト)が発生した際には、回線の物理インターフェイス速度いっぱいまで利用することができる。ただしこのトラフィックは、帯域確保部分とは異なり、リアルタイムの到達までは保証されない。

 同社ブロードバンドIP事業部 担当部長 高部文宏氏は「バーストイーサアクセスは、ギャランティ型とベストエフォート型の“いいとこどり”で、間を埋めるサービス」と表現している。単純に回線を増速する場合に比べ、コスト効率よく高速な通信を実現できることから、本社-支店間の帯域増強やクラウド/SaaSアプリケーションへのアクセス高速化といったニーズに向け、提供していく。

 バーストイーサアクセスには、1Mbpsを確保し10Mbpsまでバースト可能な「バースト10」と、10Mbpsを確保し100Mbpsまでバースト可能な「バースト100」の2種類があり、企業向けサービス「e-VLAN」「Arcstar IP-VPN」および「ビジネスOCN」のアクセス回線メニューの1つとして提供される。料金は月額8万4000円(e-VLANでバースト10を利用した場合)から。

(@IT 高橋睦美)

情報をお寄せください:

Master of IP Network フォーラム 新着記事

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

ECサイトのライブコマース連携を簡単に 「MakeShopエンタープライズプラン」が「ライコマ」と連携
「MakeShopエンタープライズプラン」を利用するEC事業者は、初期開発費用不要で「ライコ...

金融デジタルサービス利用実態、世代間で異なる重視ポイント――アドビ調査
金融デジタルサービスの利用においては利便性を重視するデジタルネイティブに対し、50代...

戦略の実行 愚直に施策を積み上げ、高速PDCAを回し続ける
強いリーダーシップの下で課題をしっかりと把握し、戦略を策定したら、いよいよその実行...