Evans Dataが調査報告

北米でRuby利用が6カ月で4割増

2009/06/24

 米Evans Dataは6月23日、北米におけるRuby利用の割合が前年比で4割増えたとする調査報告を発表した。調査は開発者やIT管理者約400人の回答者を対象に1998年から継続的に年に2回行っているもので、開発言語、プラットフォーム、採用技術のトレンドをまとめたもの。

 調査によれば「開発言語にRubyを使うことがある」とした回答が2008年の前回調査時に10%だったのに対して、2009年の今回は14%に増加している。加えて、20%の回答者が2010年には使うことになると答えたという。メインストリームの.NET言語やJava言語に比べてニッチにとどまるものの、利用者の絶対数は確実に増えていると言えそうだ。増加の理由として同社社長でCEOのジョン・アンドリューズ氏は「スクリプト言語を使う開発者の増加は、変化の激しい市場ニーズに高い柔軟性で対応できるWebセントリックなアプリケーションへの注目が一般に高まっている昨今の状況と関係している」と発表文で述べている。

ruby01.png 北米でのRubyの利用状況(出典:Evans Data、2009)

 このほか調査の主な結果は以下の通り。

  • クラウド向け開発を考えているアプリケーション開発者のうち75%は、監査証跡を必須と考えている
  • 60%の開発者はアジャイル開発手法を使うことがある
  • プライマリデータベースとして商用製品はOSS製品の2.5倍程度使われる

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:

Coding Edge フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

Ziplocの「下味冷凍」プロジェクトに学ぶ“ピンチをチャンスに変える”マーケティング
コロナ禍で大きく変わった生活者の動向とメディアニーズ。変化に対して俊敏に対応した成...

クラウドファンディングを活用して広告出稿 MOTION GALLERYと電通が「AD MISSON」を提供開始
自己資金は乏しくても共感性が高く社会貢献の見込めるプロジェクトが情報発信できるため...

「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年10月)
今週は、「A/Bテスト」ツールの売れ筋TOP10を紹介します。