GearsでHTML 5関連仕様を実装

IE6でWeb Databaseをサポートするハック

2009/07/29

 HTML 5関連仕様で定義されてるクライアントサイドのストレージには3種類ある。cookieに似たセッション管理用情報を保持する「sessionStorage」、編集中のドキュメントやメールボックスといった大きなデータをローカルにキャッシュするための「localStorage」、それにSQLライクなクエリが使える「Web Database」だ。前者2つは「Web Storage」と呼ばれ、これはIE8をはじめ、Firefox、Safari、Chromeでサポートされている。一方、IE8はWeb Databaseをサポートしない。

 こうした状況から、オフライン向け機能を提供するオープンソースのプラグイン「Gears」を使ったWeb Database実装が登場した。開発したのは、Google Gears(後にGearsに改名)に関する著書もある白石俊平氏。Gearsが稼働するWebブラウザであれば利用できるため、IE6やFirefox 1.5など古い環境でもWeb Databaseが使えるという。今のところ、バージョン0.1と「実装を始めたばかりで、改善点もまだまだある」(白石氏)が、Web Databaseだけでなく、Web Storage、Web Workers、Application Cache、Geolocation、Browser Buttonなども視野に入れてHTML 5関連のAPI対応を進めていくプロジェクト「Gear5」も立ち上げた。

 IEがサポートしないHTML 5の仕様を外部の実装で対応させるという試みとしては、ほかにもオープンソースの「ExplorerCanvas」がある。IEを判定してExplorerCanvasのJavaScriptコードを読み込むことで、Canvasタグが使える。

 HTML 5ワーキンググループのエディター(まとめ役)を勤めるイアン・ヒクソン氏は最近、HTML 5は2009年10月までに最終草案としてまとめる意向を改めて明らかにしている(メーリングリストでの発言インタビュー)。ただ、HTML 5関連仕様の実装レベルについては、ブラウザベンダ間で大きな隔たりがあるのが現状だ。サードパーティ製のプラグインやJavaScriptライブラリのような形でそれらを埋める試みは、今後も出てくる可能性がありそうだ。

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:

HTML5 + UX フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

残念なブランド体験で8割の顧客は「もう買わない」――Sitecore調査
消費者にとって不都合な事象が発生した際にも、ブランドを好きでいられるのは10人に1人。

ナイキとアディダスに学ぶ ファンを増やす企業文化とは?
スポーツにおけるトップブランドの座を巡ってし烈な競争を繰り広げてきたナイキとアディ...

DXにおける「コンサルティング力」とは?
DXが加速する中でコンサルティング人材へのニーズが高まっています。DXにおける「コンサ...