インシデント単位で

CentOSも技術サポート、ミラクルが新サービス

2009/07/29

 ミラクル・リナックスは7月29日、自社ディストリビューションのMIRACLE LINUX(Asianux Server)だけでなく、CentOSやバージョンの古いRed Hat Enterprise Linuxまで対象とした技術サポートサービス「Linuxインシデントサポート」を提供開始すると発表した。回数単位でサポートを提供するのが特徴で、価格メニューは1インシデント(10万円)、3インシデント(20万円)10インシデント(50万円)となっている(すべて税別価格)。スタンダードなサポートメニューに加え、ダンプ解析やソースコード調査、修正パッチ作成支援なども行うプレミアムサービス(1回60万円)も提供する。

 商用Linux OSを利用する企業でも、ベンダがサポートしないオープンソース版を組み合わせて利用するケースが増加していることから、CentOSをメニューに入れた。Red Hat Enterprise Linux 2.1など、現在は提供されていない古いバージョンもサポート対象。

 今回のサービスの一環として同社は、日本IBMと協力して、IBMのx86サーバ「IBM System x」、ブレードサーバ「IBM BladeCenter」上でのCentOSの動作検証を行うという。検証結果はWebサイト上で随時公開していくほか、他メーカーのサーバについても稼働確認後に順次追加していくという。

 ミラクル・リナックスは今回のサポートサービスを初年度に100社へ提供したい考えだ。

OS バージョン
MIRACLE LINUX 2.1/3.x/4.x/5.x(Asianux Server 3.x)
Red Hat Enterprise Linux 2.1/3.x/4.x/5.x
CentOS 3.x/4.x/5.x

サポート対象OS

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:

Linux & OSS フォーラム 新着記事

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

マーケターの87%がサードパーティーCookie利用規制の影響を実感――イルグルム調査
広告主はWeb広告の効果においてCookieの利用規制の影響を感じているようです。

2021年ホリデーシーズンにおける米国オンライン消費額、サプライチェーン危機にもかかわらず過去最大を更新
「Adobe Digital Economy Index」によると、米国の2021年のホリデーシーズンにおけるオン...

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2022年1月)
今週は、パーソナライゼーション製品の国内売れ筋TOP10を紹介します。