I/O仮想化支援機能もサポート

Red Hat Enterprise Linux 5.4リリース、KVMを搭載

2009/09/03

 米レッドハットは米国時間の9月2日、Linuxディストリビューションの最新版「Red Hat Enterprise Linux 5.4」を発表した。

 新バージョンの最大の特徴は仮想化技術サポートの強化だ。レッドハットは2008年9月に、Linuxカーネルにも含まれている仮想化技術「Kernel-based Virtual Machine(KVM)」の開発に携わってきたQumranetを買収し、KVMをベースとした仮想化製品を提供していく方針を明らかにしていた。サーバ向けの主力製品であるRed Hat Enterprise Linuxにおいて正式にサポートしたことになる。

 なお、それ以前からサポートしていたもう1つの仮想化技術「Xen」については、Red Hat Enterprise Linux 5のライフサイクルを通してサポートしていくとしている。

 同時に、ハードウェア側の仮想化支援テクノロジにも対応した。具体的には、インテルのI/O仮想化支援機能「Intel VT-d」およびPCI-SIGの「SR-IOV(Single Root I/O Virtualization)」の両方をサポートしている。

 さらにIntel Xeon Processor 5500シリーズやAMDのIstanbul向けの最適化を図ったほか、ネットワークおよびFCoEのパフォーマンス向上、デバイスドライバの改善などを行っている。また開発者やシステム管理者向けの機能として、パフォーマンス監視を行う「Systemtap」の機能を強化し、C++アプリケーションについてもモニタリングを行えるようになった。

関連リンク

(@IT 高橋睦美)

情報をお寄せください:

Linux & OSS フォーラム 新着記事

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...