IBMに宣戦布告

SPARC/Solarisへの投資継続を表明、オラクル

2009/09/11

 2009年4月にサン・マイクロシステムズの買収を発表したオラクルが、一連の広告でSPARC/Solarisへのより一層の投資を確約した。9月11日までに同社ページや欧米の新聞・にも掲載された広告は以下の通り(その1その2)。

oracle01.gif

 広告は既存のサンの顧客に向けたものだが、オラクル創業者で現CEOのラリー・エリソン氏の記名で「われわれは勝つために参入する。IBMよ、ハードウェアビジネスで競争できることを楽しみにしている」とのIBMへの宣戦布告も見られる。また、現在サンが行っている以上の投資をSPARC/Solarisへの投資を行うとしているほか、ハードウェアの専門スタッフの倍増も宣言している。ただし、MySQLへの言及がないなど、一部で懸念の声も出始めている。

 もう一方の広告では、現在IBMが持つ最速のハードウェアとIBM DB2を用いてたときのベンチマーク値、600万TPC-Cという圧倒的に高速なサーバ構成も、10月14日のオラクル・オープンワールドで披露するサンのハードウェア上のオラクルのベンチマークに及ばないことを証明してみせる、とある。

oracle02.jpg 英エコノミスト誌の裏表紙に掲載された広告

 サンはSPARCプロセッサで並列性を高めてきていて、トランザクション処理に強いサーバを持つほか、Solaris OSではSSDを統合してI/O性能を劇的に向上するファイルシステム「ZFS」を持つ。オラクル・オープンワールドでは、これらサンが持つ資産を生かした何らかの発表が行われると見られる。

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:

Server & Storage フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...