指定IDまたはAWSコミュニティ全体で共有

Amazon EBSにスナップショット共有機能が追加

2009/09/24

 米Amazon Web Servicesは9月24日、クラウド型サービス「Amazon EBS」(Elastic Block Store)でスナップショット共有機能の提供を開始した。Amazon EBSは、仮想サーバホスティングサービスのAmazon EC2からマウントできるストレージを提供するサービス。1GBから1TBまでの容量で利用できる。ブロックデバイスのように扱えることから、DBサーバをインストール・設置するといった通常のサーバ環境の構築に使うことができる。もう1つのストレージサービスであるAmazon S3ではオブジェクトの読み書きはできるが、低レベルのファイルシステムとして扱えるわけではないので、こうした利用はできない。

 これまでにも、Amazon EBSでスナップショットを取り、それをAmazon S3にバックアップ目的などで保存することはできた。今回、新たに加わった共有機能により、こうして作成したスナップショットを、ほかのAWSユーザーに公開できるようになった。共有は、ユーザーIDを指定してアクセス権を設定できるほか、AWSコミュニティ全体への公開も可能。設定は管理ツール、AWS Management Consoleから行える。

 スナップショット共有機能により、同じプロジェクトに取り組む同僚に対して、データも含めて設定済みのサーバ環境をそのまま再利用してもらったり、ダウンロードするには大きすぎるデータセットをクラウド内でやり取りするといったことができる。Amazon EBSでは、すでにこれまでにも、米国の人口統計データやヒトゲノムのデータなどパブリックなデータが公開されていた。今回の共有機能で、こうしたデータセットの公開・共有が容易になりそうだ。

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:

Server & Storage フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

狙うは「銀髪経済」 中国でアクティブシニア事業を展開する企業とマイクロアドが合弁会社を設立
マイクロアドは中国の上海東犁と合弁会社を設立。中国ビジネスの拡大を狙う日本企業のプ...

社会人1年目と2年目の意識調査2024 「出世したいと思わない」社会人1年生は44%、2年生は53%
ソニー生命保険が毎年実施している「社会人1年目と2年目の意識調査」の2024年版の結果です。

KARTEに欲しい機能をAIの支援の下で開発 プレイドが「KARTE Craft」の一般提供を開始
サーバレスでKARTEに欲しい機能を、AIの支援の下で開発できる。