2010年前半の標準化完了を待たずに進む実装

WebKitに続いてFirefoxもWebGLを実装

2009/09/24

 OpenGL ES 2.0をJavaScriptから利用する標準API「WebGL」の策定が2010年前半をターゲットとして進む中、すでにWebブラウザでは実装が始まっている。独立系ゲームベンダのWolfireのブログによれば、少なくともWebKit r48331以降にはWebGLの実験実装とテスト用のデータが含まれている。また、Mozilla Firefoxでも、3.7a1のナイトリー・ビルドにはWebGLの実装が含まれている(動画)。

 WebGLは2009年3月に発表された新しいWeb標準。OpenGLやOpenCL、OpenVGなどの標準規格を策定するKhronos Groupとブラウザベンダが中心となって、策定が進められている。AMD、エリクソン、グーグル、Mozillaファウンデーション、Operaソフトウェア、NVIDIAなどがサポートを表明している。

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:

HTML5 + UX フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

DIORが本気で挑むラグジュアリー体験としてのAR
広告プラットフォームのTeadsがAR(拡張現実)とAI(人工知能)技術を応用したサービスを...

AIに対して良い印象を持っている人は70%以上 理由は?
楽天インサイトが「AIに関する調査」結果を発表。AI(人工知能)のイメージや生活への関...

狙うは「銀髪経済」 中国でアクティブシニア事業を展開する企業とマイクロアドが合弁会社を設立
マイクロアドは中国の上海東犁と合弁会社を設立。中国ビジネスの拡大を狙う日本企業のプ...