IDC Japanが国内3939社対象に調査

OSS導入企業は17.1%、デスクトップ環境への導入機運も

2009/10/15

 IDC Japanの調査によると、国内企業の17.1%がオープンソースソフトウェア(OSS)を導入しており、今後導入を検討している企業も25%に上ることが明らかになった。

 IDC Japanでは2009年8月に、国内企業3939社を対象として「国内オープンソースソフトウェア利用実態調査」を実施した。この結果、すでにOSSを導入している企業は17.1%に上ったという。また、今後導入を検討していく企業は17.9%、具体的に検討している企業も7.1%あり、半数近くが何らかの形でOSS導入を視野に入れていることになる。

 すでにOSSを導入している企業1088社を対象に、具体的にどのようなプロジェクトでOSSを導入しているか二次調査を行ったところ、最も多かったのは「Apacheを使用したWebサイトの開発」で23.5%で、「Linuxサーバの新規導入」(22.3%)、「OSSのメールサーバの導入」(19.1%)が続いた。主にWebサーバやメールサーバなど、フロントエンドでのOSS導入が進んでいることが伺える。

 一方、これから導入を検討しているプロジェクトでは、「OSSのオフィスソフトウェアの導入」(20.5%)や「Linuxデスクトップの導入」(16.1%)など、デスクトップ環境へのOSS導入機運が高まりつつあることが見て取れる。また同時に、「OSSの業務アプリケーション(CRM、ERM、グループウェアなど)の導入」も17.0%と高い比率となった。

 OSS導入の検討が広まっている背景には、2008年の金融危機をきっかけとした不況によりIT投資が削減された結果、OSSによるコスト削減効果が注目されていることが挙げられる。OSSのメリットとして最も多く挙げられたのは「導入コストを削減できる」で46.4%、続いて「運用コストを削減できる」(37.5%)だった。ただ同時に、「ソフトウェアの選択肢が広がる」「ベンダー依存から解放される」と回答した企業も少なくなく、OSSの採用によってITの自由度が高まることにメリットを見いだしているケースも増えている。

 一方で、OSSのデメリットとしては「緊急時のサポート対応が迅速にできない」、「バージョンアップなど将来のプロダクトが見えない」といった点が挙げられており、サポートに対する不安やOSSの将来性が課題といえる。

idc01.gif

関連リンク

(@IT 高橋睦美)

情報をお寄せください:

Linux & OSS フォーラム 新着記事

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。