次バージョンの9.0から

高機能IDEのIntelliJ IDEAがOSS版提供へ

2009/10/19

 高機能なJava向け有償統合開発環境として知られてきたIntelliJ IDEAを提供するチェコのJetBrainsは10月15日、次期バージョンの9.0から無償のコミュニティ版と、有償のアルティメイト版を別々にリリースすると発表した。コミュニティ版はApache 2.0ライセンスで公開する。

 IntelliJは、Java、JavaScript/Flex、HTML/CSS、Ruby/JRuby、Groovy、SQL、Scala、Clojureなどのプログラミング言語をサポートする統合開発環境。コード補完やリファクタリング機能、UML作図機能、バージョン管理システムとの連携機能なども提供する。9.0からはPHPにも対応するほか、Java EE 6、OSGi、Android、Google App Engine向けアプリケーションの開発もサポートする。

 有償版と無償版の違いは、エンタープライズ向けの機能で、有償版ではGit、CVSに加えてPerforceやRational ClearCase、Microsoft Team Foundation Serverへの対応、依存関係のマトリックス表示、構造化された検索や置換によるコード操作などが可能という。

関連リンク

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:

Java Agile フォーラム 新着記事

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

狙うは「銀髪経済」 中国でアクティブシニア事業を展開する企業とマイクロアドが合弁会社を設立
マイクロアドは中国の上海東犁と合弁会社を設立。中国ビジネスの拡大を狙う日本企業のプ...

社会人1年目と2年目の意識調査2024 「出世したいと思わない」社会人1年生は44%、2年生は53%
ソニー生命保険が毎年実施している「社会人1年目と2年目の意識調査」の2024年版の結果です。

KARTEに欲しい機能をAIの支援の下で開発 プレイドが「KARTE Craft」の一般提供を開始
サーバレスでKARTEに欲しい機能を、AIの支援の下で開発できる。