複数アカウント設定やデータ同期APIも

グーグル、Android 2.0対応のSDKリリース

2009/10/28

 グーグルは10月27日、Android 2.0対応のSDKをリリースした。新SDKはAndroid 1.5/1.6/2.0に対応する。コード名「エクレア」で呼ばれてきたAndroid 2.0には、1つのデバイスでExchangeも含む複数アカウントとメールやアドレス帳を同期させる機能や、サードパーティの開発者が利用できるデータ同期APIなどが追加されている。

 ブラウザ関連の使い勝手では、アドレスバーが改善され、URLの入力のほか検索が行えるようになったという。また、ダブルタップによるズームにも対応。HTML5関連の機能として、Database APIのサポートにより、クライアント側でSQLが利用可能になったほか、オフライン時にWebアプリを使い続けられるアプリケーションキャッシュ、地理情報を取得できるGeolocation API対応、フルスクリーンでのvideoタグ対応などが含まれる。

 ソフトウェアキーボードも打ちやすいようにレイアウトが改善されたほか、マルチタッチ対応で2本指で高速に打ったときにキータイプの取りこぼしがないという。

 このほかBluetooth 2.1をサポートし、プロファイルとして新たにObject Push Profile(OPP)とPhone Book Access Profile(PBAP)に対応。

 アプリケーションのフレームワークAPIでも、コンタクト関連やキーイベント関連のAPIで変更が加えられている。

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:

Java Agile フォーラム 新着記事

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

2021年ホリデーシーズンにおける米国オンライン消費額、サプライチェーン危機にもかかわらず過去最大を更新
「Adobe Digital Economy Index」によると、米国の2021年のホリデーシーズンにおけるオン...

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2022年1月)
今週は、パーソナライゼーション製品の国内売れ筋TOP10を紹介します。

オンライン商談システム市場 2020年度は前年度比倍増――ITR調査
コロナ禍によるオンライン商談需要の急増で市場が急拡大。訪問営業減少の影響が鮮明に表...