複数アカウント設定やデータ同期APIも

グーグル、Android 2.0対応のSDKリリース

2009/10/28

 グーグルは10月27日、Android 2.0対応のSDKをリリースした。新SDKはAndroid 1.5/1.6/2.0に対応する。コード名「エクレア」で呼ばれてきたAndroid 2.0には、1つのデバイスでExchangeも含む複数アカウントとメールやアドレス帳を同期させる機能や、サードパーティの開発者が利用できるデータ同期APIなどが追加されている。

 ブラウザ関連の使い勝手では、アドレスバーが改善され、URLの入力のほか検索が行えるようになったという。また、ダブルタップによるズームにも対応。HTML5関連の機能として、Database APIのサポートにより、クライアント側でSQLが利用可能になったほか、オフライン時にWebアプリを使い続けられるアプリケーションキャッシュ、地理情報を取得できるGeolocation API対応、フルスクリーンでのvideoタグ対応などが含まれる。

 ソフトウェアキーボードも打ちやすいようにレイアウトが改善されたほか、マルチタッチ対応で2本指で高速に打ったときにキータイプの取りこぼしがないという。

 このほかBluetooth 2.1をサポートし、プロファイルとして新たにObject Push Profile(OPP)とPhone Book Access Profile(PBAP)に対応。

 アプリケーションのフレームワークAPIでも、コンタクト関連やキーイベント関連のAPIで変更が加えられている。

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:

Java Agile フォーラム 新着記事

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年10月)
今週は、「A/Bテスト」ツールの売れ筋TOP10を紹介します。

コンテンツSEOでやらかしてしまいがちな3つの勘違い
ITmedia マーケティングで2021年3月に連載して多くの反響をいただいた「勘違いだらけのEC...

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...