ノベルが「Mono Tools for Visual Studio 1.0」を発表

Visual StudioでLinux/Macでも動く.NETアプリを開発可能に

2009/11/12

 米ノベルは11月10日、Microsoft Visual Studio用のアドインツール「Mono Tools for Visual Studio 1.0」を発表した。Visual Studio環境で、WindowsだけでなくLinuxやUNIX、Macintosh上で動作する、マルチプラットフォーム対応の.NETアプリケーションを開発できるようになるという。

 ノベルはこれまで、オープンソース版の.NET互換アプリケーション開発・実行環境「Mono」プロジェクトを支援してきた。Mono Tools for Visual Studioはその成果を取り入れたもので、Visual Studioの環境上で、WindowsだけでなくLinuxやUNIX、Mac OS X向けの.Netアプリケーションの開発とポーティング、テスト、デバッグおよびデプロイに至るまでの一連の開発作業を行えるようにする。

 ノベルはMono Tools for Visual Studioによって、C#や.NETのデベロッパーが、使い慣れたVisual Studioを用いて非Windowsも含めたマルチプラットフォームのアプリケーションを開発できるため、トレーニングやコードの書き換えに要する時間が短縮でき、ひいては開発コスト削減につながるとしている。

 Mono Tools for Visual Studioには、個人向けの「Professional Edition」(99ドル)、「Enterprise Edition」(249ドル)、および「Ultimate Edition」(2499ドル)の3種類があり、Windows XP/Vista/7およびVisual Studio 2008 SP1に対応する。30日間試用可能なトライアル版も公開されている。

(@IT 高橋睦美)

情報をお寄せください:

Linux & OSS フォーラム 新着記事

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

ECサイトのライブコマース連携を簡単に 「MakeShopエンタープライズプラン」が「ライコマ」と連携
「MakeShopエンタープライズプラン」を利用するEC事業者は、初期開発費用不要で「ライコ...

金融デジタルサービス利用実態、世代間で異なる重視ポイント――アドビ調査
金融デジタルサービスの利用においては利便性を重視するデジタルネイティブに対し、50代...

戦略の実行 愚直に施策を積み上げ、高速PDCAを回し続ける
強いリーダーシップの下で課題をしっかりと把握し、戦略を策定したら、いよいよその実行...