サイボウズ総研とTISが協力、社内SNS「SKIP」との連携も

Amazon EC2上で「サイボウズ ガルーン」を展開

2009/11/13

 サイボウズ総合研究所とTISの社内ベンチャーカンパニー、SonicGardenは11月13日、Amazon EC2の環境上で、グループウェア「サイボウズ ガルーン SaaS」(ガルーン SaaS)の提供を開始することを発表した。

amazon_cybozu01.jpg

 ガルーン SaaSは、グループウェア「サイボウズ ガルーン 2」の機能をサービスとして提供するもので、ポータルのほかスケジューラや掲示板、社内メール、ファイル管理といったメニューが利用できる。このサービスを米アマゾンのクラウドコンピューティングサービス、Amazon EC2上で提供することにより、自社でインフラ環境を構築する場合に比べ、初期投資や運用コストを削減しつつ、拡張性に優れたシステム運用を実現できるとしている。

 サービス提供に先立ち両社は、Amazon EC2上でガルーン SaaSを利用した場合の性能検証を実施。1000ユーザー規模の企業で利用した場合でも、問題なく利用可能であることを確認したという。なおSonicGardenは、2008年11月からAmazon EC2上で社内SNS「SKIP」のSaaS版を運用しており、Amazon EC2に関する運用実績やノウハウを蓄積してきた。

 また今回の連携では、同じAmazon EC2環境で運用することを踏まえ、ガルーン SaaSとSKIPをセットで提供。ガルーン SaaSのポータルに、SKIPの新着情報を表示するといった形で連携させる。

 さらにSonicGardenは、サイボウズ総合研究所が展開する「サイボウズ クラウドビジネス パートナー プログラム」にも参加し、クラウドビジネスの推進に関して協力していく。

(@IT 高橋睦美)

情報をお寄せください:

Coding Edge フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

ナイキとアディダスに学ぶ ファンを増やす企業文化とは?
スポーツにおけるトップブランドの座を巡ってし烈な競争を繰り広げてきたナイキとアディ...

DXにおける「コンサルティング力」とは?
DXが加速する中でコンサルティング人材へのニーズが高まっています。DXにおける「コンサ...

AI活用、6割超の企業はPoC(概念実証)止まり――Accenture調査
「わが社でもAI活用を」と考えている企業は多いようですが、実際はどこまで進んでいるの...