サイボウズ総研とTISが協力、社内SNS「SKIP」との連携も

Amazon EC2上で「サイボウズ ガルーン」を展開

2009/11/13

 サイボウズ総合研究所とTISの社内ベンチャーカンパニー、SonicGardenは11月13日、Amazon EC2の環境上で、グループウェア「サイボウズ ガルーン SaaS」(ガルーン SaaS)の提供を開始することを発表した。

amazon_cybozu01.jpg

 ガルーン SaaSは、グループウェア「サイボウズ ガルーン 2」の機能をサービスとして提供するもので、ポータルのほかスケジューラや掲示板、社内メール、ファイル管理といったメニューが利用できる。このサービスを米アマゾンのクラウドコンピューティングサービス、Amazon EC2上で提供することにより、自社でインフラ環境を構築する場合に比べ、初期投資や運用コストを削減しつつ、拡張性に優れたシステム運用を実現できるとしている。

 サービス提供に先立ち両社は、Amazon EC2上でガルーン SaaSを利用した場合の性能検証を実施。1000ユーザー規模の企業で利用した場合でも、問題なく利用可能であることを確認したという。なおSonicGardenは、2008年11月からAmazon EC2上で社内SNS「SKIP」のSaaS版を運用しており、Amazon EC2に関する運用実績やノウハウを蓄積してきた。

 また今回の連携では、同じAmazon EC2環境で運用することを踏まえ、ガルーン SaaSとSKIPをセットで提供。ガルーン SaaSのポータルに、SKIPの新着情報を表示するといった形で連携させる。

 さらにSonicGardenは、サイボウズ総合研究所が展開する「サイボウズ クラウドビジネス パートナー プログラム」にも参加し、クラウドビジネスの推進に関して協力していく。

(@IT 高橋睦美)

情報をお寄せください:

Coding Edge フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

外注費の実態 「動画制作」「マーケティング」が大きく増加の傾向――ランサーズ調査
フリーランスや専門会社への「外注」について、どのような業務の外注費が増加傾向にある...

SEO対策において「古い記事」をどうすべきか? 3つの対処法を解説
SEOの観点では、古い記事は削除した方がいいのか、残しておいても大丈夫か。どのような対...

「広告のムダ打ち」はなぜなくならない? アドフラウド以外に考慮すべき3つの視点
「アドフラウド」以外に、広告が届けたい相手にきちんと届くようにするために留意すべき...