より通常のサーバに近い運用形態も

Amazon EC2がS3だけでなく、EBSからも起動可能に

2009/12/04

 米アマゾン傘下のAmazon Web Servicesは12月3日、Amazon EBSからAmazon EC2のインスタンスを起動できる新機能の提供を開始した。これまでAmazon EC2の起動イメージとなるAMI(Amazon Machine Image)は、ストレージサービスのAmazon S3上に保存しておき、EC2インスタンスのブート時に、このイメージを転送する必要があった。新機能を使えば、永続的なブロックデバイスのように扱えるAmazon EBSをEC2にアタッチして起動することができるようになるという。

 Amazon EBS上のスナップショットから起動した場合、rootデバイスはAmazon EBS上のボリュームとすることができ、EC2インスタンスの停止、再開が自由にできるようになるという。サーバが稼働していない場合に容易に停止可能となったことで、よりコスト効率のよいサーバ運用が可能としている。

 これまで10GBの上限があったAMIとrootパーティションのサイズ制限は最大1TBとなった。これにより、あらかじめアプリケーションやデータセットなどをより多くインストールしたイメージを事前に作成しておくことができるという。

 Amazon EC2/S3は当初、クラウド特有のスケーラビリティを念頭に置いたストレージサービスのみを提供してきたが、MySQLのホスティングサービス「Amazon RDB」や、ブロックレベルのストレージボリューム「Amazon EBS」を投入してきている。これらはいずれも、従来のサーバ運用、システム構築のノウハウを生かすために要望が多かったもの。特に今回のEBSからのインスタンス起動の機能により、より通常のサーバ運用に近い感覚で利用できるようになりそうだ。

 Amazon Web Servicesは同日、これまでアメリカ国内では東海岸に4カ所あった「Availability Zone」を、西海岸にも1カ所加えたと発表している。

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:

Coding Edge フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

狙うは「銀髪経済」 中国でアクティブシニア事業を展開する企業とマイクロアドが合弁会社を設立
マイクロアドは中国の上海東犁と合弁会社を設立。中国ビジネスの拡大を狙う日本企業のプ...

社会人1年目と2年目の意識調査2024 「出世したいと思わない」社会人1年生は44%、2年生は53%
ソニー生命保険が毎年実施している「社会人1年目と2年目の意識調査」の2024年版の結果です。

KARTEに欲しい機能をAIの支援の下で開発 プレイドが「KARTE Craft」の一般提供を開始
サーバレスでKARTEに欲しい機能を、AIの支援の下で開発できる。