同時に拡張機能ギャラリーもオープン

Google ChromeにMac版とLinux版のベータが登場

2009/12/09

 グーグルは12月9日、オープンソースのWebブラウザ「Chrome」のLinux版およびMacintosh版のβを公開した。同社サイトからダウンロードできる。

 Mac版Chromeは、OmniboxをはじめWindows版と同等の機能を実装しつつ、パスワード管理機能キーチェインの統合など、Mac OS Xとの親和性も高めているという。ただし、ブックマーク管理機能などが付属しない。

 Linux版では、GTKテーマの統合やパッケージマネージャによる更新管理を可能にするなど、Linuxシステムとの整合性に配慮した。

 グーグルは同時に、WindowsおよびLinux向けに、Chrome Extensionのβ版もリリースした。ギャラリーには、GmailチェッカーやRSSリーダ、翻訳ツールなど、300種類を超える拡張が用意されている。

関連リンク

(@IT 高橋睦美)

情報をお寄せください:

HTML5 + UX フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

2021年の炎上発生件数は1766件、前年対比24.8%増――「デジタル・クライシス白書2022」
2021年のデジタル・クライシス(ソーシャルメディアを中心としたネット上で発生した危機...

若者のインスタ離れを食い止めるためにMetaが下した「古参ユーザー切り捨て」の決断
Metaの若者文化への主要な接点であるInstagramは現在、反撃を目指している。メタバースへ...

2022年のEC売り上げ、6割が「伸びる」と予測――フューチャーショップ調査
コロナ禍でも拡大し続けるEC、ポイントは口コミSNSの活用にありそうです。