Windowsサーバ向けセキュリティ製品など2種類

シマンテック、Amazon EC2向け製品を提供開始

2009/12/10

 シマンテックは12月10日、Amazon EC2向けに自社製品をインストール済みのWindowsサーバイメージを提供していくと発表した。提供するのは、Symantec Endpoint ProtectionとStorage Foundation Basicの2製品。Endpoint Protectionはサーバ向けにアンチウイルスやファイアウォール機能などを提供する。Storage Foundation Basicはオンラインストレージを管理するソリューション。複数のEC2インスタンスのストレージやAmazon EBSのボリュームをGUIで管理できる。

symantec01.jpg シマンテック システムエンジニアリング本部 本部長の有吉純氏

 提供するのは具体的には、Amazon EC2で起動できるサーバのイメージファイル。32/64ビット版のWindows Server 2003にSQL Server ExpressとStorage Foundation Basicをインストール済みのイメージ(AMI)や、32/64ビット版のWindows Server 2003にSQL Server ExpressとSymantec Endpoint Protectionをインストール済みのイメージ(AMI)など5種類を提供する。利用料金はサブスクリプションモデルで、月額4.99ドル、従量課金は1時間16セントから。英語ベースでのサービス提供のみで、国内での展開は未定。

 同日に都内で会見を開いた同社システムエンジニアリング本部 本部長の有吉純氏は、クラウド利用に関してセキュリティ確保やストレージ保護の重要性を指摘。「情報中心に守らないと意味がない。情報に価値があるのであって、その入れ物であるバケツに価値はない」と、これまで同社が唱えてきたセキュリティの考え方を説明。クラウドでも同様の考えで情報を守っていくことが望ましいと話した。

 同社はまた、2009年10月に米国で発表したクラウドストレージプラットフォーム「Symantec FileStore」の国内販売を、来春にも開始する予定を明らかにした。

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:

Server & Storage フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

2021年の炎上発生件数は1766件、前年対比24.8%増――「デジタル・クライシス白書2022」
2021年のデジタル・クライシス(ソーシャルメディアを中心としたネット上で発生した危機...

若者のインスタ離れを食い止めるためにMetaが下した「古参ユーザー切り捨て」の決断
Metaの若者文化への主要な接点であるInstagramは現在、反撃を目指している。メタバースへ...

2022年のEC売り上げ、6割が「伸びる」と予測――フューチャーショップ調査
コロナ禍でも拡大し続けるEC、ポイントは口コミSNSの活用にありそうです。