仮想化環境にバックアップ、障害時には直接起動

ノベル、“早い、簡単、安い”のディザスタリカバリ新製品

2009/12/16

 玄人受けのする仮想/物理環境管理製品を次々に市場投入してきたノベルが12月15日、ディザスタリカバリ/バックアップ製品「PlateSpin Protect 8.1」を提供開始したと発表した。低価格、操作が簡単、エージェントが不要、待機マシンに直接バックアップ、物理マシンへのフェイルバックが可能など、ユニークな点の多い製品だ。

 ノベルの営業本部 SEグループマネージャー、鈴木弘紀氏によると、これは仮想化を前提として作られたディザスタリカバリ/バックアップ製品だという。

 ディザスタリカバリというと、最近の仮想化に対応した製品でも、本番マシンのデータをまずバックアップストレージに取得し、これを遠隔地のデータセンター側のバックアップストレージにストレージ間転送したものを使って復旧する方式が多い。しかしPlateSpin Protectは、稼働中の本番マシン(物理マシンでも仮想マシンでもいい)から待機マシンに直接転送する方式だ。より正確には、本番稼働している物理マシンあるいは仮想マシンのイメージを、遠隔地におけるVMware ESX/ESXi環境上の仮想マシンとして複製しておき、本番マシンの障害発生時にはこの複製された仮想マシンを立ち上げるだけでディザスタリカバリができる。

 ストレージ間の転送でなく、マシン間の転送であるため、ディザスタリカバリ環境は柔軟に構成できる。例えば複数の拠点における複数の本番マシンを、単一の拠点の単一の仮想環境上にバックアップしておくことができる。

novell01.jpg PlateSpin Protect 8.1の設定画面

 PlateSpin Protect 8.1は、仮想化環境の構築で多くのSI業者に使われている仮想/物理マシンイメージ変換/移行ツールの「PlateSpin Migrate 8.1」から、一部の機能を切り出した製品。メニューが日本語化されたPlateSpin Migrate 8.1は、2009年8月末に国内出荷が開始されている。

 PlateSpin Protectは、PlateSpin Migrateに基づく製品であることの1つの証拠として、物理サーバへのフェイルバック機能を備えている。つまり、本番として稼働していた物理サーバで障害が発生し、遠隔地の仮想マシンを立ち上げてフェイルオーバした後、元の本番サーバの障害を修復すれば、今度は稼働中の仮想マシンのイメージデータをこの物理サーバに転送設定し、任意の時点で元の本番サーバに切り替えることが可能だ。元の本番サーバとは違う物理サーバへのフェイルバックもできる。

 PlateSpin Protectは、差分データを圧縮し、非同期転送を行う。転送間隔は分単位から時間単位まで設定できる。32世代の管理が可能だ。ファイル単位の転送ができるほか、ブロック単位の転送もできる。VSS(Volume Shadow Copy Service)を使うので、Windows Server上のVSSアプリケーションを、稼働中に整合性のとれた形でバックアップできる。待機側の環境としては、VMware ESXの3、3.5、4およびESXiの3、4に対応する。ESXiが使えるので、待機側の仮想化環境は無償ということになる。また、待機側ではイメージデータを仮想マシンとしてバックアップしているだけなので、OSやソフトウェアのライセンスも不要だ。

 PlateSpin Protect 8.1の参考価格はブロック転送機能なしバージョンが1〜74ライセンス、1年の標準メンテナンスサポート付きで約12万円、ブロック転送機能付きバージョンが1〜49ライセンス、1年の標準メンテナンスサポート付きで約23万円などだ。

関連リンク

(@IT 三木泉)

情報をお寄せください:

Server & Storage フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

2021年の炎上発生件数は1766件、前年対比24.8%増――「デジタル・クライシス白書2022」
2021年のデジタル・クライシス(ソーシャルメディアを中心としたネット上で発生した危機...

若者のインスタ離れを食い止めるためにMetaが下した「古参ユーザー切り捨て」の決断
Metaの若者文化への主要な接点であるInstagramは現在、反撃を目指している。メタバースへ...

2022年のEC売り上げ、6割が「伸びる」と予測――フューチャーショップ調査
コロナ禍でも拡大し続けるEC、ポイントは口コミSNSの活用にありそうです。