「イノベーションモデルへの理解深めたい」

The Linux Foundationが新体制、福安氏がジャパンディレクタに

2010/02/04

 The Linux Foundationは2月4日、日本における活動を統括するジャパンディレクタに、新たに福安徳晃氏が就任したことを発表した。同時に、2010年度の活動計画を明らかにし、Linus Torvaldsを招いて開催した「Japan Linux Symposium」の第2回を開催するほか、コミュニティサイトの充実などを通じて、開発者、ユーザーや企業など、Linuxを取り巻くあらゆる人々をつなぐブリッジ」として役割を果たしていくと表明した。

lf01.jpg The Linux Foundation ジャパンディレクタ 福安徳晃氏

 福安氏は、これまでターボリナックスの海外子会社であるTurbolinux Indiaの社長やゼンドジャパン代表取締役社長を歴任。「4年間十分エンジョイした」と述べる工内隆氏からバトンを引き継いだ。

 福安氏は、1月に稼働を開始した東京証券取引所の基幹システムにおいてLinuxが採用された事例を紹介し、「以前は、基幹系などミッションクリティカルなシステムで、Linuxは使えるだろうかという不安感を抱く人が多かったが、いまや、Linuxには信頼性があるという考え方は、完全に市民権を得たといっていいのではないか」と述べた。

 さらに次の課題として、「企業で利用するに際しての信頼性はできたけれど、オープンソースというビジネスモデル、イノベーションモデルに対する日本企業の理解を深めるというところで、まだ支援できる余地はあるのではないか」と同氏は述べ、企業の垣根を越えたイノベーションを通じて、新しい市場の創造につなげていきたいという。

 具体的な活動として、9月27日から29日にかけて「Japan Linux Symposium 2010」を開催するほか、モバイル端末向けのディストリビューション「Moblin」をテーマとした「Moblin Seminar Spring 2010」を4月21日に開催。専門的な内容に特化したトレーニングプログラムや無償のWebセミナーなども実施する。並行して、トレーニングやPC、書籍の優待販売をはじめとする個人会員向け特典の充実を図るほか、Linux Foundation自身のサイトやコミュニティサイト「Linux.com」日本語版の充実にも取り組むという。

 また、Linux標準の「Linux Standard Base(LSB)」については、「今ひとつ認知度が上がっていないかもしれない」(福安氏)。いろいろな人がLSBを知り、よりよいものにするため知恵を出し合っていくためにも、その認知度向上を図りたいとしている。

関連リンク

(@IT 高橋睦美)

情報をお寄せください:

Linux & OSS フォーラム 新着記事

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

デジタルネイティブ世代の過半数は「消費にも自己表現」を意識――電通デジタル調査
コロナ禍でデジタルネイティブの消費行動や価値観が変化しているようです。

企業SNSが炎上する理由 SDGs観点で考えてみると?
業務でSNSアカウント運用を担当している人に向け、SDGsの観点から、役立つノウハウをお伝...

Z世代の情報源はSNSが断トツ、ただし信用度ではテレビ番組/CMに軍配――ネオマーケティング調査
1996〜2015年生まれの「Z世代」は何を情報源としているのでしょうか。