ベータ版サービスを開始

Amazon S3がオブジェクト単位のバージョン管理機能を追加

2010/02/09

 米Amazon Web Servicesは2月8日、ストレージサービス「Amazon S3」でバージョン管理機能「Versioning」のベータ提供を開始したと発表した。S3上のオブジェクトの管理単位であるバケットに対して、データを上書きするような操作(PUT、POST、COPY、DELETE)を行った場合、これまでは古いデータが新しいデータに置き換わるだけだったが、Versioning機能を有効にすることで、古いデータを残しておくことができるようになるという。

 古いバージョンのオブジェクトにアクセスするには「バケット名、バージョンID、オブジェクト名」の3つを指定する必要がある。従来通り、バージョンIDなしでGETすると、最新のオブジェクトが帰ってくる。バージョンIDは文字列を指定できるという。

s3-01.png Amazon S3のVersioning機能の概念図(Amazon Web Servicesのブログから引用)

 利用料金はこれまでのAmazon S3と同じで、古いオブジェクトを保存すればするほどコストがかかる。また、古いオブジェクトの削除は明示的に行う必要がある。このため、Versioning機能の利用にあたっては、適宜古いオブジェクトを削除(エクスパイア)するロジックをユーザー側で実装したほうがいい、としている。

 人為ミスや、アプリケーションレベルのロジックのエラーにより重要なデータを消失するのを防ぐ目的で、「MFA Delete」(Multi-Factor Authentication:多要素認証)も利用できる。MFAを有効にすると、DELETE操作を行うのにAWSアカウントの認証だけでなく、専用デバイスを使ったワンタイムパスワード(6桁の数字)の入力が必須になる。

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:

HTML5 + UX フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。

J-WAVEが「ポッドキャスト×NFT」の音声ファンマーケティングサービスを開始
J-WAVEは、ポッドキャストとNFTを組み合わせた音声ファンマーケティングサービスを開始し...