Amazon EC2的なセルフサービスポータルも用意

富士通、仮想サーバホスティングサービスを5月に試験提供開始

2010/02/22

 富士通は2月22日、IaaSサービス「オンデマンド仮想システムサービス」を5月10日に試験提供開始すると発表した。10月より商用サービスを開始するという。

 新サービスは、仮想マシンを従量課金制で貸し出すサービス。国内におけるこの種のサービスは、月額料金制としているものが多いが、オンデマンド仮想システムサービスでは、1時間単位での利用が可能という。また、他社サービスでは、いったん作成した仮想マシンは、起動していなくても削除しない限り料金が請求されるケースもあるが、新サービスでは起動していない仮想マシンの料金は発生しないという。

fujitsu01.jpg ユーザーはWebポータル経由で仮想化システムの構築や監視、構成変更が可能

 オンデマンド仮想システムサービスでは、利用者が利用したいOS・アプリケーション/サービスを選択し、自身でシステムを構成できるセルフサービスポータル機能を用意。構成を決定すると数分で仮想システム環境を利用開始できる。このWebポータルでは、仮想マシンを監視するとともに、仮想マシンやストレージ容量の追加、バックアップ/リストア、ファイアウォールの設定などが可能。

 セキュリティやパフォーマンスの面では、FENICSネットワークなどを使ったVPN接続が可能なほか、サービスレベル保証、フェイルオーバ機能なども提供する。

 料金体系の詳細は明らかにしていないが、仮想マシンは性能に応じて「エコノミー」「スタンダード」「アドバンス」「ハイパフォーマンス」の4タイプを提供。エコノミーの料金は1時間当たり31円としている。ディスクとネットワークに関しても、従量課金を行う。

関連リンク

(@IT 三木泉)

情報をお寄せください:

Server & Storage フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

「運用型クリエイティブ」とは何か?
マーケティング施策としてのクリエイティブ改善に取り組むべき理由とは何か。クリエイテ...

「コロナ禍が収束しても現在の生活を維持したい」 前年比5.2ポイント増加し61.5%に――博報堂調査
コロナ禍も約2年が経過し、マスク生活やテレワークなど新しい暮らしや仕事のスタイルがす...

Netflixはこれからどう稼ぐつもり?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...