インテルXeon 7500番台と同時出荷

富士通が基幹IAサーバでItaniumと決別

2010/04/01

 富士通は3月31日、基幹IAサーバ「PRIMEQUEST」で、CPUを従来のItaniumから、同日インテルが発表したXeon 7500番台に切り替えた新製品「PRIMEQUEST 1000シリーズ」の出荷開始を発表した。

 PRIMEQUESTといえば、ヒューレット・パッカードの「Superdome」と並び、信頼性を特徴とするItaniumプロセッサを全面採用して富士通が2005年に投入したミッションクリティカル用途向けオープンサーバ。Xeonに切り替えた理由について、富士通 IAサーバ事業本部長の河部本章氏は「性能は大幅にXeonのほうが上回る。RAS機能も同等になった」と説明した。富士通は今後、Itaniumを使ったサーバ製品を投入する計画はないという。

 ItaniumからXeonへの移行で大きく変わるのは、利用できるソフトウェアの広がりだ。OSにしても、アプリケーションにしても、Itaniumではこれに対応したものが必要なため、サーバの利用用途が限られてしまうという難しさがあった。Xeonではこの問題はない。VMware ESXをはじめとしたサーバ仮想化ソフトウェアも、Xeonベースのサーバなら幅広く利用できる。「Xeonへの切り替えで無限大のソフトウェアとIHV(独立系ハードウェアベンダ)に対応できる。PRIMERGYで動くものはすべてPRIMEQUESTで動く」(河部本氏)。

 富士通はPRIMEQUESTで、従来どおりメインフレームやオフコンからの移行需要を取り込むほか、システム統合について、これまでPRIMERGYでまかなってきた部分も一部取り込む。これまでのPRIMEQUESTの導入実績は1400台強だが、新製品では3年間で4000台の販売を目標としている。

fujitsu01.jpg PRIMEQUEST 1000のシステムボード

 コンポーネントをすべて二重化するなど、PRIMEQUEST 1000のハードウェア的な信頼性・可用性機能は前製品を踏襲している。「QA(品質確保)はメインフレームと同じ体制で、業務停止率は一般的IAサーバより1桁低い」(河部本氏。富士通は今回、製品開発におけるインテルとの連携を深め、試作機と担当者をインテル本社に送り込んで、検証とバグ対策を行ったという。信頼性確保が最重要課題の基幹IAサーバで、インテルのCPU発表との同日出荷を発表できたのはこのためだとする。

 パフォーマンスも、SPEC int_rate_base2006やSAP2階層SD標準ベンチマークテストなど、さまざまなベンチマークで現在世界最高を達成したという。

 PRIMEGUEST 1000は、最大4CPU/32コアのエントリモデル1機種と最大8CPU/64コアのエンタープライズモデル2機種、そして最長10年保守のロングライフモデル2機種、計5機種で構成。最小構成価格はエントリモデルの「PRIMEQUEST 1400S」が300万円、エンタープライズモデルの「PRIMEQUEST 1800E」が1140万円など。

関連リンク

(@IT 三木泉)

情報をお寄せください:

Server & Storage フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

アフリカFinTech事情 初のキャッシュレス大陸への勢いが止まらない
FinTechのユニコーンが続々と生まれるアフリカ大陸。砂漠の南が燃えています。

テレビと広告とTwitterと人間の脳の関係について、いま分かっていること(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

P&Gが「ショッパー」のニーズを満たすために全社横断でやっていること
「LINE BIZ DAY BREAKOUT BRAND&DIRECT」で発表された事例の中から、P&Gが実施したデジタ...