対象OSSの数は前年比約1.5倍に

Linux Foundation、OSSの導入実績などまとめたDB公開

2010/05/27

 The Linux Foundationは5月29日、市場で利用されているオープンソースソフトウェア(OSS)、約400種類の利用実態をまとめた「OSS Database」を公開した。

 OSS Databaseには、OS、ネットワーク、セキュリティや開発・テスト、DB・関連ツールなど12のカテゴリに分けて、OSSの概要や採用しているライセンス、導入実績などがまとめられている。OSS選定時の参考にしてもらうことが目的だ。

 同データベースは、LinuxおよびOSSの活用促進を目的として活動している、Linux FoundationのSI Forumが2009年に実施した調査結果を基にしている。2009年の調査では対象となるOSSの数が、2008年の256件から約1.5倍増加し、398件に達した。調査結果およびその背景をまとめた「2009年度オープンソースソフトウェア活用動向調査」結果の公開も予定しているという。また6月17日には、その中でも特に顕著な変化が認められた項目について解説する「Linux/OSSシステム構築最新動向セミナー」を開催する予定だ。

 なお、オープンソースを対象とする同種のリポジトリには、IPA(情報処理推進機構)のOSS iPediaがある。

lf01.jpg

(@IT 高橋睦美)

情報をお寄せください:

Linux & OSS フォーラム 新着記事

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

2022年に向けてサプライパス最適化(SPO)への投資が増加――IAS調査
広告支出の多くがプログラマティックバイイングに向かう中、SPO戦略への関心が高まってい...

なぜ日本企業だけがデータを中心としたコミュニケーションへの変化に否定的なのか
パンデミックがコミュニケーションに与えた影響について、ビジネスリーダーの評価が日本...

マクドナルドが有名ゲーム配信集団とタッグを組む理由
米McDonald'sとFaZe Clanがライブストリーミングイベント「Friendsgaming」を実施。有名...