「FCoEより手軽で安い」を強調

シーゴのI/O仮想化がついにイーサネット対応

2010/09/15

 シーゴシステムズ・ジャパンは9月15日、同社のI/O仮想化コントローラのイーサネット対応版を同日販売開始したと発表した。出荷開始は10月末。

 シーゴのI/O仮想化コントローラ「VP780」「VP560」は、サーバ機との間の1本の物理配線を、複数の論理的なネットワーク接続およびストレージ接続(具体的にはイーサネットとファイバチャネル)に分割利用することができる。合計通信帯域は、当然ながら物理接続を上回ることができないが、LANとSANを別配線する必要がなく、さらに総ケーブル数を大幅に減らせるというメリットがある。

xsigo01.jpg VP560のイーサネット対応版。RJ45ケーブルにつなげるにはSFPとの変換アダプタが必要

 VP780あるいはVP560とサーバ機との接続は、これまで20GbpsのInfiniBandで行う以外に選択肢がなかった。このためサーバ機にはInfiniBandアダプタを追加したうえでドライバをインストールする作業が必要だった。今回シーゴが発表した「VP780イーサネット」「VP560イーサネット」ではサーバ機との間を10Gbpsイーサネットで接続するため、サーバ機に備わったイーサネットアダプタ/チップをそのまま使うことができる。ただし、シーゴのI/O仮想化コントローラからOSに対して論理的なネットワークアダプタ(NIC)やストレージアダプタ(HBA)を見せるためのドライバはインストールする必要がある。現時点ではインテル、メラノックス、ブロードコムのイーサネットアダプタに対応しているという。

xsigo02.jpg 米シーゴのビノッド氏

 米シーゴの事業開発担当副社長 S.K. ビノッド(S.K. Vinod)氏は、I/O統合ではFCoE(Fibre Channel over Ethernet)を推進するベンダもあるが、現在FCoEを導入するためには各サーバ機にCNA(Converged Network Adapter)と呼ばれるアダプタを導入する必要があり、FCoE対応スイッチも必要になることから、同社のイーサネットソリューションはFCoEに比べて優れていると説明した。

 シーゴは同時に、VP780およびVP560の40Gbps InfiniBand対応版も発表した。InfiniBand QDRに対応したサーバ機との接続により、大量のトラフィックが発生する環境でも広帯域を提供できる。つまり、コスト効率や手軽さを求めるユーザーにはイーサネット対応版、高トラフィック環境向けには40Gbps InfiniBand対応版を推進していく。

xsigo03.jpg 既存製品と新製品の位置付け

 VP780のイーサネット対応版および40Gbps InfiniBand対応版の希望販売価格は同一で、675万円から(サーバ接続のみの構成)。また、VP560のイーサネット対応版および40Gbps InfiniBand対応版の希望販売価格は525万円からとなっている。この2機種の違いは、サーバ機以外のネットワークやストレージへの接続のためのI/Oモジュールを何枚搭載可能かという点にある。VP780は15枚、VP560は4枚だ。同社は、2ポートの8GbpsファイバチャネルI/Oモジュールを今年末に出荷開始する予定。

 将来的には、iSCSIやFCoEへの対応も進めると同社では話している。

(@IT 三木泉)

情報をお寄せください:

Server & Storage フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

オラクルが広告事業から撤退へ ポストCookie時代の業界地図は変わるか?
Oracleは「Responsys」「Moat」「BlueKai」などの買収を重ねて広告部門を構築してきた。...

琉球泡盛「残波」「海乃邦」の海外展開を例に考える日本のブランドが持つべき視点
日本のブランドが海外展開で持つべき視点とはどのようなものか。2024年4月にI&CO APAC代...

メッシやベリンガム、ヴィルツも登場 アディダスが世界で展開する豪華過ぎるサッカー推しキャンペーンの中身
Adidasが夏のサッカーシーズンに向けて新キャンペーンを世界各地で展開する。デビッド・...