モバイル、PC、Webのすべてで統一的な開発環境

TitaniumとAptanaが買収により統合へ

2011/01/19

 モバイルやPC向けの統合アプリ開発フレームワーク「Titanium」を提供する米Appceleratorは1月18日、Eclipseベースの統合開発環境(IDE)の「RadRails」(Ruby on Rails向け)や「Pydev」(Python向け)を提供する米Aptanaを買収したと発表した。買収は1月7日に完了している。

titanium01.png 買収を発表するAppcelerator

 Titaniumは、RIA(リッチ・インターネット・アプリケーション)と呼ばれるジャンルに属するオープンソースの開発フレームワーク。HTMLやCSS、JavaScript、Ruby、PythonといったWeb開発で使われる技術を使いながら、iPhoneやiPad、Androidといったデバイス向けのネイティブアプリケーション開発が行えるのが特徴。単一のコードベースで、PC、Webブラウザ、モバイルに各種プラットフォームに対応できる。Appceleratorは、コードの80%がクロスプラットフォームで利用可能だとしている。

fig01.png TitaniumはOSと言語のブリッジとなる層を提供する

 UIやロジックはJavaScript、Ruby、Pythonのいずれかで書くが、TitaniumはOSとのブリッジ層を提供していて、本来ネイティブアプリでないと扱えないローカルファイルシステムやネイティブのGUIシステムにアクセスできる(@ITでTitanium Mobileの解説記事を掲載している)。

 Titaniumでは、開発したアプリケーションを各プラットフォーム向けに言語ランタイム込みでパッケージ化して、アプリとして配布できる。ただ、これまではデバッガやコード補完、ドキュメント参照が統合された環境で利用できるIDEが欠けていた。AptanaのIDEは、Eclipseベースで、HTML、CSS、PHP、Ruby、Python、JavaScriptなどが扱え、Web開発者の間で注目されている。すでに600万ダウンロードを数えるという。

aptana01.png Aptana Studio 3.0

 今回の買収により、両社のチームはすでに同一オフィスで開発作業を始めているといい、2011年3月にも最初のTitanium/Aptana Studio統合製品をリリースする予定だとしている。製品名にAptanaを使うかどうかなどは、現在まだ検討中。両社がこれまでに集めた投資額は、Appceleratorが約1500万ドル(約12億5000万円)、Aptanaが約780万ドル(約6億5000万円)。社員数は37人(Appcelerator)と11人(Aptana)。Appceleratorは、エンタープライズ市場での開発需要を見込み、開発者向けの有償サポートをビジネスモデルとするようだ。

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:

Coding Edge フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

「AIインフルエンサー」をZ世代はどう評価しているのか?
消費者にとってインフルエンサーは依然として重要だが、インフルエンサーに何を期待する...

アップルのiPad Pro炎上CMにサムスンが一撃 「クリエイティビティーはCrushできない」
Appleらしからぬマーケティングの失敗から数日後、Samsungは「Galaxy Tab S9」を訴求する...

電話・スマホでのコミュニケーションは「通話」? 「テキスト」?
クロス・マーケティングが全国の20〜69歳男女を対象にした調査によると、電話やスマホで...