テンプレートで構成作業を省力化

Amazon EC2の新機能、CloudFormationとは

2011/03/01

 米Amazon Web Servicesは2月25日、新機能「AWS CloudFormation」を提供開始した。これはAWSの各種サービスの利用をテンプレートとして記述することにより、順を追って1つ1つを設定する手間と時間を回避したり、同一構成を複製する作業を省力化したりできるというものだ。この機能の利用自体は無償。AWSの各種サービス利用料金だけがかかる。

 AWS CloudFormationでは、スクリプトを書いて、AWS Management Console、コマンドライン、あるいはAPIを通じて「CreateStack」をコールするだけで、このテンプレートに基づくリソース構成がAmazon EC2上に作成され、立ち上がる。

cloudformation01.jpg AWSのブログに掲載されているテンプレートの記述例(一部)

 テンプレートにはインスタンスのタイプ、AvailabilityZonesの指定、Elastic IP Addressの指定、RDS(Relattional Database Service)のデータベース名、ストレージ容量、セキュリティグループ、負荷分散グループとサイズなどを記述できる。必要とするリソースについてのみ記述すればよい。アカウント名やパスワードなどのパラメータも記述できる。

cloudformation02.jpg AWSの各種サービスを構成する面倒を省ける

 自分で書いたテンプレートをアップロードするだけでなく、テンプレートの置かれたURLを指定することもできる。AWS Management Consoleを使う場合、用意されているサンプル・テンプレートを選択し、パラメータなどの必要な修正を加えることができる。

(@IT 三木泉)

情報をお寄せください:

Server & Storage フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

残念なブランド体験で8割の顧客は「もう買わない」――Sitecore調査
消費者にとって不都合な事象が発生した際にも、ブランドを好きでいられるのは10人に1人。

ナイキとアディダスに学ぶ ファンを増やす企業文化とは?
スポーツにおけるトップブランドの座を巡ってし烈な競争を繰り広げてきたナイキとアディ...

DXにおける「コンサルティング力」とは?
DXが加速する中でコンサルティング人材へのニーズが高まっています。DXにおける「コンサ...