テンプレートで構成作業を省力化

Amazon EC2の新機能、CloudFormationとは

2011/03/01

 米Amazon Web Servicesは2月25日、新機能「AWS CloudFormation」を提供開始した。これはAWSの各種サービスの利用をテンプレートとして記述することにより、順を追って1つ1つを設定する手間と時間を回避したり、同一構成を複製する作業を省力化したりできるというものだ。この機能の利用自体は無償。AWSの各種サービス利用料金だけがかかる。

 AWS CloudFormationでは、スクリプトを書いて、AWS Management Console、コマンドライン、あるいはAPIを通じて「CreateStack」をコールするだけで、このテンプレートに基づくリソース構成がAmazon EC2上に作成され、立ち上がる。

cloudformation01.jpg AWSのブログに掲載されているテンプレートの記述例(一部)

 テンプレートにはインスタンスのタイプ、AvailabilityZonesの指定、Elastic IP Addressの指定、RDS(Relattional Database Service)のデータベース名、ストレージ容量、セキュリティグループ、負荷分散グループとサイズなどを記述できる。必要とするリソースについてのみ記述すればよい。アカウント名やパスワードなどのパラメータも記述できる。

cloudformation02.jpg AWSの各種サービスを構成する面倒を省ける

 自分で書いたテンプレートをアップロードするだけでなく、テンプレートの置かれたURLを指定することもできる。AWS Management Consoleを使う場合、用意されているサンプル・テンプレートを選択し、パラメータなどの必要な修正を加えることができる。

(@IT 三木泉)

情報をお寄せください:

Server & Storage フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

「docomo Ad Network」 高LTVユーザーのみに広告配信ができる顧客セグメントを追加
D2Cは顧客生涯価値が高くなることが見込まれるセグメントを抽出し、新たなセグメント情報...

インターネットの利用環境、女性の66%は「スマホのみ」――LINEヤフー調査
LINEヤフーが実施した2023年下期のインターネット利用環境に関する調査結果です。

LINEで求職者に合った採用情報を配信 No Companyが「チャットボット for 採用マーケティング」を提供開始
就活生が身近に利用しているLINEを通して手軽に自社の採用情報を受け取れる環境を作れる。