基幹業務バッチ用で、ウルシステムが開発

Hadoopフレームワーク「Asakusa」がOSSで公開

2011/03/31

 ウルシステムズは3月31日、基幹業務システムのバッチを高速処理するためのフレームワーク「Asakusa Framework」の正式版をオープンソースとして公開した(発表文GitHubのレポジトリ)。Hadoop上に基幹バッチシステムに必要な開発環境・実行環境・運用環境を実装したもの。HadoopはJavaベースのオープンソース分散処理技術として、すでに広く利用されている一方、業務処理への適用では、導入の難しさから利用が進んでいなかった。Asakusaを使うことで、Hadoopに詳しくないエンジニアでも簡単にシステム開発ができるという。

 Asakusaは、MapReduceのDSLをコンパイルする「Ashigel Compiler」、Hadoopのデータフォーマットに合わせたデータモデルを生成するジェネレータ、統合テストスイートの3つのコンポーネントからなる。Ashigelは、ビジネスワークフローDSL、ロジック・フローDSL、データ操作DSLなどからなり、これらDSLを使って記述したコードが、MapReduceのプログラムにコンパイルされる。モデルジェネレータは、RDBMSのスキーマを入力として、HadoopのI/Oクラスと、対応するテストコードを生成する。テストスイートも統合されているという。

 ウルシステムズでは、Asakusaを利用することで、従来4時間かかっていたバッチ処理が数分で完了した実績もあるとしている。

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:

Java Agile フォーラム 新着記事

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

求心力のある変革ビジョンに必要な「PECの工夫」
変革ビジョンの策定に当たっては、その内容もさることながら「決め方や伝え方」に心を配...

マーケティングDXをけん引するリーダーの役割
デジタルツールとデータを活用することで優れた顧客体験を提供するマーケティングDXの推...

コロナ禍で変化した採用トレンドとこれからの採用メディア戦略
デジタルシフトで新卒採用の在り方が変化しています。企業と接触するタイミングが早まり...