仮想化環境におけるサーバ/ネットワーク管理を一元化

NTTデータ、「Hinemos」向けにOpenFlow対応オプションの開発開始

2011/04/11

 NTTデータは4月11日、オープンソースの運用管理ソフトウェア「Hinemos」に、「OpenFlow」に対応したオプションを追加することを発表した。4月から開発を開始し、2011年内にHinemosオプション製品として発売する計画だ。

 Hinemosは、NTTデータが開発し、オープンソースで公開している統合運用管理ソフトウェアだ。システム監視、性能管理やジョブ管理といった機能を備えているほか、「VM管理オプション」を追加すれば、仮想マシン特有の運用も可能だ。

 新たにオプションに追加されるOpenFlowは、Open Networking Foundationが標準化作業を進めている、一種のネットワーク仮想化技術だ。ソフトウェアの設定だけでネットワーク構成を変更できるようにし、動的に変化するサーバリソースに柔軟に追従できるネットワークを実現することが狙いだ。

 Hinemosでは、OpenFlowを用いて構成した仮想化ネットワークとサーバを同一のマップ上に表示する「仮想化ネットワーク構成のマップ表示機能」のほか、仮想化ネットワークノードの設計・設定機能、OpenFlow対応機器に対する監視機能などの実装を予定している。VM管理オプションと連携することで、単一の画面からすべてのオペレーションを行えるようにし、例えば、マップ上でのドラッグ&ドロップにより、サーバ/ノード間の経路設定を行うといった操作が可能になるという。

hinemos01.jpg OpenFlow対応オプションのプロトタイプの画面

 NTTデータでは、OpenFlowオプションの追加により、仮想化環境におけるサーバとネットワークの一元的な運用管理を可能にし、システム運用の負担軽減やコスト削減を実現したいとしている。

(@IT 高橋睦美)

情報をお寄せください:

Master of IP Network フォーラム 新着記事

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

AIを活用して広告クリエイティブの成果を予測 Macbee Planetが新モデルを開発
Macbee Planetは、AIを活用した広告クリエイティブの成果予測モデルを開発した。

KDDIが取り組む3000万人規模のパーソナライゼーション データ基盤とAIの使いどころは?
AI時代のマーケターの悲願である「ハイパーパーソナライゼーション」に果敢に挑むのがKDD...

ドクターペッパーが米炭酸飲料市場2位に躍進――ペプシ超えを成し遂げたすごいマーケティング【後編】
「選ばれし者の知的飲料」として知られ、確固としたファンベースを築いたDr Pepper。新た...