仮想化環境におけるサーバ/ネットワーク管理を一元化

NTTデータ、「Hinemos」向けにOpenFlow対応オプションの開発開始

2011/04/11

 NTTデータは4月11日、オープンソースの運用管理ソフトウェア「Hinemos」に、「OpenFlow」に対応したオプションを追加することを発表した。4月から開発を開始し、2011年内にHinemosオプション製品として発売する計画だ。

 Hinemosは、NTTデータが開発し、オープンソースで公開している統合運用管理ソフトウェアだ。システム監視、性能管理やジョブ管理といった機能を備えているほか、「VM管理オプション」を追加すれば、仮想マシン特有の運用も可能だ。

 新たにオプションに追加されるOpenFlowは、Open Networking Foundationが標準化作業を進めている、一種のネットワーク仮想化技術だ。ソフトウェアの設定だけでネットワーク構成を変更できるようにし、動的に変化するサーバリソースに柔軟に追従できるネットワークを実現することが狙いだ。

 Hinemosでは、OpenFlowを用いて構成した仮想化ネットワークとサーバを同一のマップ上に表示する「仮想化ネットワーク構成のマップ表示機能」のほか、仮想化ネットワークノードの設計・設定機能、OpenFlow対応機器に対する監視機能などの実装を予定している。VM管理オプションと連携することで、単一の画面からすべてのオペレーションを行えるようにし、例えば、マップ上でのドラッグ&ドロップにより、サーバ/ノード間の経路設定を行うといった操作が可能になるという。

hinemos01.jpg OpenFlow対応オプションのプロトタイプの画面

 NTTデータでは、OpenFlowオプションの追加により、仮想化環境におけるサーバとネットワークの一元的な運用管理を可能にし、システム運用の負担軽減やコスト削減を実現したいとしている。

(@IT 高橋睦美)

情報をお寄せください:

Master of IP Network フォーラム 新着記事

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

ECサイトのライブコマース連携を簡単に 「MakeShopエンタープライズプラン」が「ライコマ」と連携
「MakeShopエンタープライズプラン」を利用するEC事業者は、初期開発費用不要で「ライコ...

金融デジタルサービス利用実態、世代間で異なる重視ポイント――アドビ調査
金融デジタルサービスの利用においては利便性を重視するデジタルネイティブに対し、50代...

戦略の実行 愚直に施策を積み上げ、高速PDCAを回し続ける
強いリーダーシップの下で課題をしっかりと把握し、戦略を策定したら、いよいよその実行...