オンデマンド仮想システムサービスとの連携も可能

OSSクラウドの構築と運用を支援するサービス、富士通

2011/04/22

 富士通は4月22日、オープンソース・ソフトウェア(OSS)によるクラウド環境の構築、運用支援サービスを、同日に販売開始したと発表した。サービス開始は5月下旬。社内にOSSクラウド環境を構築したい企業や自治体、教育機関、およびクラウドサービスを提供したい事業者が対象。

 これは富士通のサーバおよびストレージを利用することが前提のサービス。CentOS、KVM、Eucalyptusで構築する基盤に、CentOSの仮想マシンを動かし、その上に各種オープンソース・ソフトウェアによるアプリケーションを運用できる環境をつくる支援を行う。このサービスでは、最短2週間でOSSクラウドを構築できるという。

 同サービスの大きな特徴は、富士通が運営しているIaaS「オンデマンド仮想システムサービス」で用いられているものと同一のテンプレートを利用できること。テンプレートとは、特定用途に基づいて事前にアプリケーションやネットワークのインストールや構成なされた仮想マシン群のひな型のこと。

fujitsu01.jpg テンプレートが大きな特徴

 「PHP+PostgreSQLあるいはMySQL」「Ruby+PostgreSQLあるいはMySQL」などによるWebアプリケーションプラットフォームからメールサーバ、統合ID管理、ワークフローなど、18種のテンプレートが用意されている。カスタムのテンプレートを作成することも可能。さらにこの共通テンプレートを活用し、富士通のオンデマンド仮想システムサービスと連携できるという。同クラウドサービスをバックアップや追加資源として活用できるとする。

 富士通が提供するサービスは、「OSSクラウド基盤構築サービス」「OSSクラウドテンプレート構築サービス」「OSSクラウドシステム構築サービス」「OSSクラウド基盤運用支援サービス」「OSSクラウドテンプレート運用支援サービス」「OSSクラウドシステム運用支援サービス」の6種。価格はすべて個別見積もり。

関連リンク

(@IT 三木泉)

情報をお寄せください:

Server & Storage フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

コンテンツSEOでやらかしてしまいがちな3つの勘違い
ITmedia マーケティングで2021年3月に連載して多くの反響をいただいた「勘違いだらけのEC...

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...