オンデマンド仮想システムサービスとの連携も可能

OSSクラウドの構築と運用を支援するサービス、富士通

2011/04/22

 富士通は4月22日、オープンソース・ソフトウェア(OSS)によるクラウド環境の構築、運用支援サービスを、同日に販売開始したと発表した。サービス開始は5月下旬。社内にOSSクラウド環境を構築したい企業や自治体、教育機関、およびクラウドサービスを提供したい事業者が対象。

 これは富士通のサーバおよびストレージを利用することが前提のサービス。CentOS、KVM、Eucalyptusで構築する基盤に、CentOSの仮想マシンを動かし、その上に各種オープンソース・ソフトウェアによるアプリケーションを運用できる環境をつくる支援を行う。このサービスでは、最短2週間でOSSクラウドを構築できるという。

 同サービスの大きな特徴は、富士通が運営しているIaaS「オンデマンド仮想システムサービス」で用いられているものと同一のテンプレートを利用できること。テンプレートとは、特定用途に基づいて事前にアプリケーションやネットワークのインストールや構成なされた仮想マシン群のひな型のこと。

fujitsu01.jpg テンプレートが大きな特徴

 「PHP+PostgreSQLあるいはMySQL」「Ruby+PostgreSQLあるいはMySQL」などによるWebアプリケーションプラットフォームからメールサーバ、統合ID管理、ワークフローなど、18種のテンプレートが用意されている。カスタムのテンプレートを作成することも可能。さらにこの共通テンプレートを活用し、富士通のオンデマンド仮想システムサービスと連携できるという。同クラウドサービスをバックアップや追加資源として活用できるとする。

 富士通が提供するサービスは、「OSSクラウド基盤構築サービス」「OSSクラウドテンプレート構築サービス」「OSSクラウドシステム構築サービス」「OSSクラウド基盤運用支援サービス」「OSSクラウドテンプレート運用支援サービス」「OSSクラウドシステム運用支援サービス」の6種。価格はすべて個別見積もり。

関連リンク

(@IT 三木泉)

情報をお寄せください:

Server & Storage フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

FamilyMartVision × LIVE BOARDのクロスメディアパッケージ 首都圏で販売開始
店舗内と屋外のデジタルサイネージの連携で、来店率と購買率共に向上させることが期待で...

「dポイント」を活用したデジタル販促ソリューション、D2Cが提供開始
約8900万人(2022年3月時点)が利用する「dポイント」を期間や用途を限定する形でインセ...

「ペプシチャレンジ」で煽られて焦ったコカ・コーラの“痛恨のやらかし”とは?
長年の間「コーラ戦争」を続けてきたCoca-ColaとPepsi。マーケティング施策でも切磋琢磨...