他ツールとの連携も強化

Git 1.7.5がリリース、メッセージの国際化へ一歩

2011/04/25

 オープンソースで人気の高い分散バージョン管理システム「Git」のバージョン1.7.5が4月24日にリリースされた。83日前のリリースとなる前バージョンの1.7.4から77人のコントリビューターによって、547件の変更が加えられたという。

 主な機能強化は「git-p4」「vcs-svn」「git-svn」など、他のバージョン管理システムと連携するツールの改善と修正や、Windows(MinGW)プラットフォームの移植性改善など。また内部的には、メッセージのローカライゼーション、国際化に向けた準備が進められていて、文字列にローカライゼーションのマークが付加されるなどコードベースが変更されているという。

 Gitは元々Linuxカーネルの開発コミュニティで、Linux同様にリーナス・トーバルス氏によって開発されたが、現在はSamba、X.org、Ruby on Railsなど、他のOSSプロジェクトでの採用も増えている。また、jQueryやNode.jsなどJavaScriptベースのプロジェクトでもGitの採用が多い。

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:

Coding Edge フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年10月)
今週は、「A/Bテスト」ツールの売れ筋TOP10を紹介します。

コンテンツSEOでやらかしてしまいがちな3つの勘違い
ITmedia マーケティングで2021年3月に連載して多くの反響をいただいた「勘違いだらけのEC...

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...