時間課金に加えライセンス持ち込み形式にも対応

Amazon RDSがOracle DBをサポート

2011/05/25

 アマゾン ウェブ サービス(AWS)は米国時間の5月24日、クラウド上でリレーショナルデータベースを利用できる「Amazon Relational Database Service」(Amazon RDS)が、Oracle Databaseに対応したことを発表した。

 Amazon RDSは、Amazon Web Serviceのクラウド上でRDBを利用できるサービス。クラウドインフラが備えるバックアップ、パッチの適用といった機能を利用でき、任意のタイミングでスケールアップ/スケールダウンが可能なことが特徴だ。ただしこれまで、サポートするRDBはオープンソースの「MySQL」のみに限られていた。今回の発表により、Oracle Database 11g Release 2のインスタンスも稼働可能となる。

 ライセンス体系は、「License Included」と「Bring-Your-Own-License(BYOL)」の2種類ある。License Includedは、まだOracle Databaseのライセンスを所有していないユーザー向けで、料金は1時間当たり16セントから。一方のBYOLは、すでにOracle Databaseのライセンスを購入し、オンプレミスで導入しているユーザー向けだ。いわば、手元のOracle DBをAWSに持ち込むイメージで、料金は1時間あたり11セントから。

 同社ブログの説明によると、データベースのインスタンスはすべて、パラメータ調整済み状態で提供される。ただし「RDS DB Parameter Groups」を利用すれば、詳細なコントロールが可能だ。また、リージョンごとにデータベースエンジンやバージョン、インスタンスクラスのパラメータを一覧表示できる新たなコンソール画面も追加したという。

 AWSでは今後数カ月のうちに、耐障害性を向上させる機能をはじめ、いくつかの新機能を追加していく計画。

(@IT 高橋睦美)

情報をお寄せください:

Master of IP Network フォーラム 新着記事

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...