ハイエンド製品をより小さな構成から使える

EMCジャパン、Symmetrix VMAXのエントリ版を発表

2011/07/20

 EMCジャパンは7月20日、同社のハイエンド・ストレージ製品「Symmetrix VMAX」のエントリ版である「Symmetrix VMAXe」を発表した。VMAXのアーキテクチャや機能を保つ一方、より小さな構成から段階的な拡張ができる。

 VMAXのマトリックス・アーキテクチャでは、複数のストレージユニット(エンジン)を相互接続することで、ストレージの性能と容量を拡張できる。

 新製品VMAXeでは、単一エンジンでハードディスクドライブ24台の構成からスタートできる。そして最大4つのエンジンにそれぞれ240台のハードディスクドライブ、すなわち装置全体で960台のドライブ構成が実現可能。この場合、有効容量は1.3PBになるという。

 VMAXeは、必要なソフトウェアを事前に実装しているため、初期構成作業を数分で実行できる。VMAXに備わるシン・プロビジョニング機能や、シン・プロビジョニング対応のデータ自動階層化機能(FAST VP)も利用できる。また、データ複製/CDPソフトウェアの「RecoverPoint」をVMAXe向けに開発した 「EMC RecoverPoint/EX」を利用できる。

情報をお寄せください:

Server & Storage フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

ECサイトのライブコマース連携を簡単に 「MakeShopエンタープライズプラン」が「ライコマ」と連携
「MakeShopエンタープライズプラン」を利用するEC事業者は、初期開発費用不要で「ライコ...

金融デジタルサービス利用実態、世代間で異なる重視ポイント――アドビ調査
金融デジタルサービスの利用においては利便性を重視するデジタルネイティブに対し、50代...

戦略の実行 愚直に施策を積み上げ、高速PDCAを回し続ける
強いリーダーシップの下で課題をしっかりと把握し、戦略を策定したら、いよいよその実行...