Luaスクリプトなどの機能も搭載

ヤマハ、小規模オフィス向けルータもギガビット対応に

2011/09/07

 ヤマハは9月7日、中小規模ネットワークやSOHO向けルータの新モデル「RTX810」を発表した。価格は7万1400円で、11月上旬から発売を開始する。

 RTX810は、ギガビットイーサネットを5ポート搭載した小型ルータで、最大スループットは1Gbps、VPNスループットは最大200Mbpsだ。USB/microSDスロットを1つずつ備えており、USBデータ通信端末を接続することで、3Gモバイル回線を介した接続も可能となっている。

 2005年に発売された「RT107e」の後継機種に当たり、ギガビットイーサネット対応など基本的な性能の向上を図った。さらに、上位機種である「RTX1200」で実装しているLuaスクリプトやパワーオフログ/リブートログ保存機能なども搭載している。

 また、東日本大震災以降、特に関心が高まっている省電力ニーズへの対応も図った。RTX810の消費電力は、RT107eの3.6ワットに比べ、同条件では3.1ワット、LAN/WANポートすべてを1000BASE-Tでリンクアップした状態でも5.2ワットに抑えたという。同時に、空調の入っていないオフィスなど、節電環境下でも利用できるよう、動作環境条件の保証温度を50度に引き上げている。

yamaha01.jpg

 もう1つ大きな特徴としては、L2TP/IPSec対応により、スマートフォンやタブレット端末から社内LANへのVPN接続が可能なことが挙げられる。また、ヤマハが提供しているスイッチ「SWX2200」との連携も可能で、拠点に設置したSWX2200のポートを一体的に管理できるという。

(@IT 高橋睦美)

情報をお寄せください:

Master of IP Network フォーラム 新着記事

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

ECサイトのライブコマース連携を簡単に 「MakeShopエンタープライズプラン」が「ライコマ」と連携
「MakeShopエンタープライズプラン」を利用するEC事業者は、初期開発費用不要で「ライコ...

金融デジタルサービス利用実態、世代間で異なる重視ポイント――アドビ調査
金融デジタルサービスの利用においては利便性を重視するデジタルネイティブに対し、50代...

戦略の実行 愚直に施策を積み上げ、高速PDCAを回し続ける
強いリーダーシップの下で課題をしっかりと把握し、戦略を策定したら、いよいよその実行...